日々つれづれ
ジャンルに関わり無く過去にあったことや最近思うことなどを徒然に綴ってみたいと思います。
プロフィール

Nさん

Author:Nさん
熊本県の北のほうに住む♪60歳を越えてしまったNさんといいます。音楽が好きでクラシックギターをやっていましたが、今はハモンドオルガンに凝っています。
同じ趣味をお持ちの方、老若男女を問わずよろしくお願いします



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



FC2カウンター



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めずらしい
今回は神様の話はお休みします。
中学生の頃だったかと思いますが日米間で人工衛星を使った世界初の “宇宙中継放送” がありました。
時差の都合で日本では朝早く、4時ごろにNHKを通じてライブ放送だったのですが
これは絶対に見逃せないと思い、眠たい目をこすりながらテレビのスイッチを入れた事を覚えています。

どんな内容で放送されるのか楽しみでワクワクしながら待っていたのですが 放送第一声は
信じられない内容でした。

ケネディー大統領が暗殺されました。

当時の私は・・・ 今でもそうでしょうが愕然としました。
多分ケネディー大統領のメッセージが放送されるのかな? と思っていたのですが
あまりにもショッキングな内容でした。

そのケネディー大統領が亡くなってからだいぶ経ってケネディー大統領の有名な演説を
モチーフにして曲に仕立てたものがあります。
内容は聞き取れませんが結構有名な演説だそうです。

今日の一曲 ケネディー大統領の・・・ぇっとタイトルは何だったっけ トギャザー で通じます(私だけ?)


スポンサーサイト
忘れないうちに
好きな曲ってのはいろいろ有ったのですがタイトルまではなかなか覚えていませんでした。
そんな中昨日U-tubeの中を歩き回っていたら偶然にも一曲見つけてしまいました。

タイトルは “フライディ・チャイナタウン” だそうです。でも、まさかこの人が歌っていたとは
考えもしませんでした。

フライディ・チャイナタウン ← リンクしています。

メロディーが好きなんですよね。

昨日は文化センターで今年の春まで私が属していた楽団の定期演奏会が催されました。
客席側で聴くとまた違ったものがあります。

半年とちょっとの間でまぁ それはそれはレパートリーが増えていること。皆さんの涙ぐましい
努力が聴いて取れました。お疲れ様です。

またまた昨日の話し
昨日は珍しく昨日の事をブログに書こうとしていろいろと作文し、“記事を保存” と最後の操作を
やったらなんだか時間が掛かります。
やっとこさ画面が変わったと思ったらいつもの画面と違います。

何やらメッセージが・・・・ 回線が込み合っていて接続できません。後ほどやり直してください。
・・・ ちょっとだけムッとして戻る操作をやったのですが なんだか嫌な予感が・・・。
案の定書き込んでいた文がきれいさっぱりなくなっていました。

こちらの操作ミスじゃないから残していてくれてもいいと思うんですけどね・・・ブツブツ

で、昨日の話しですが
“万田坑祭り” というものがありました。おしまい・・・というか何を書いたかな?

歌あり、踊りあり の結構にぎやかで楽しい催し物でした。
最後のビンゴゲームではうちの奥さん、海苔が当たったのですが くじ運の無い
(悪いを通り越しています) 私は参加賞のボールペンとクッキーが少し。世の中、こんなもんさ。

少々世界遺産のお祭りにしては観客が少なかったので責任者の方に訊いてみたらやっぱり
近隣の町には案内していないとの事でした。
同じ炭鉱の世界遺産つながりで少なくとも隣の大牟田市には案内状か できれば招待状
くらい出して欲しかったですね・・。次回からはそうするそうです。

今日は・・、前回話した品物の部品の発注です。価格の張る品物以外はほぼ持っていましたので
後はもう少しで無くなりそうな材料を仕入れることにしました。

今日の一曲
前回と同じ “バーデンパウエル” のギターで “サンバ・トリステ” 若き日の画像です。
この曲も途中でテンポが変わります。落差が好きなんですかね?


練習中の曲
今 練習しているのは “二人の天使” なのですが 左手と左足がある程度仲良くなってきたので
昨夜から右手を仲間に加える事にしました。

右手の “メロディー+α” は何とかできていたのでちょっとしたタイミングが合えばなんとか
完成! と思っていたのですがそれは “大した大問題” と言うか大誤算でした。

どんな事かと言うと 右手のリズムに左足が着いて行ってしまいます。足のほうに注意すると
今度は右手が足のリズムになってしまいます。そうこうしていると左手がおかしくなります。
もうめちゃくちゃです。

改めて左足のリズムに合わせて右手、左手を練習です。
今までの半月ちょっとの練習はナンだったんだ (OoO) いやきっと後で付いて来る。ウン
ただ、こうすると足鍵盤の無いオルガンを弾けなくなってしまいます。
足鍵盤なしでも弾けるように練習しましょう。

今日の一曲
太陽は一人ぼっち アランドロン主演の映画だったかな
出だしが AKB48 のナントカ?って曲に似た感じがします。

埋め込みで設定したのですが アウトになりました。

太陽は一人ぼっち ← リンクしてます

初めて買ったレコード
私が初めてレコードを買ったのは確か中学生も終わりの頃だったように覚えます。

友人がポップス系のレコードをいろいろと買っていたのですが 別の友人からクラシックの音楽を
聴かされていました。 “道化師” のプロローグだとか “男爵” から 蝙蝠 (違ったかな?)だとか
その他いろいろです。
高校生になってからこの友人のところで聴いたのは “ウエストサイドストーリー”。彼の得意そう
な薀蓄を聴きながらレコードを聴いていました。

結構音楽漬けな時間を過ごしていたんですね。
そんな頃に買ったレコードがケテルビーの “ペルシャの市場にて”
多分ラジオで聴いて気に入ったのでレコード屋さんまで行ったのかと思います。

高校の音楽の時間に先生が “聴きたいレコードが有ったら持ってこい!” という事だったので
持って行ったら “この曲はクラシックとは言えん” から始まってぼろくそに言われたのを覚えています。
あんなに言われて忘れるわけが無いですよね。
でも 好きなんです。

今日の一曲
その忘れられないケテルビーの “ペルシャの市場にて” いろんな演奏もありますが この演奏が好きです。
ケテルビーはこの曲を出すまで貧乏でしたが この曲の印税で地中海かどこかの島を買って悠々と暮らした
とか。



コーラス
中学生のとはに観た映画があります。戦争映画でしたが “史上最大の作戦” という
タイトルだったと思います。連合軍がフランスの “カレー海岸” に上陸して云々という
実話の中での事が展開してあったように覚えています。

その中でタイトルになっていた “史上最大の作戦のマーチ” という曲があります。
ミッチミラー合唱団が歌っているのですがこの合唱団に感激していたらそのうちに
“ミッチと歌おう” というタイトルの番組がテレビで放送されるようになりました。

確か “ウォルトディズニーアワー” と一週間交代で放送されていたような?
チガッタかな?

今日の一曲 (二曲)



ミッチおじさんはこんな顔です。指揮のやり方が独特ですね。ミッチと歌おうのテーマ曲です



リズム
雨が降ると軒先から雨垂れが落ちてきます。
昼の雨はいいのですが夜に降ると大変です。私が寝ている場所は縁側に近いところなので
もろに雨垂れの音が聞こえてきます。

奥さんは庭弄りが好きなので・・・まではいいのですが使った道具などを縁側近くに・・・
本人は片付けたつもりなのでしょうが・・・ 私から見ると出しっぱなしになっています。

たぶん翌日も使うから ということで翌日 出しやすいところに置いているんでしょう。
そんな中に道具が入っていたらしい発泡スチロールの箱があったりします。
それを置いているところがたまたま(ほとんど確実に)雨垂れの落ちるところだったりすると
大変です。

寝ようと思って布団に入ると雨垂れが発泡スチロールにあたる音が聞こえます。
最初はなんとも思わないのですが その音が雨の降る間中ずっと続くのです。
だんだんと気になりだしてそのうちに寝るどころでは無くなってしまいます。

そんな時は眠たいのに傘をさして懐中電灯を片手に音源を探し出し、蹴飛ばしてやります。
“コノヤロー お前のおかげで眠れないんだ!!” すっかり目が覚めてしまいます。

今日の一曲 スゥイングル・シンガーズの・・ え~っと なんだっけ。 マ、聴いてください。



両手両足
今やっている “二人の天使” ですが、難しいリズムではないのですが 左手と左足(足鍵盤)
のタイミングが今までやっていた曲とは違っていたりします。
右手と左でが違うのは多少とも慣れかけていたのですが左手と左足が違うのは初めてです。

重点的に左手と左足の練習をやっていますが こうすると足鍵盤が無いオルガンで弾きたい
時に弾けなくなってしまいます。恐るべし、足鍵盤。

今回の曲から左手首を少しひねりながらゆっくりとやっています。
左手に左足。ともにリズム感を醸すのに大事な役目があります。
じっくりとやっていきましょう。

今日の一曲
ラテンの曲から “デリカード” デリケート って意味らしいです。



ラテン系の曲
“今日の一日” で今 映画音楽を重点的にリンクしていますが 実はもっと熱い曲も好きなんですね~
今はなんて呼ぶか知りませんが以前は “ラテンロック” なんて呼んでいました。

最初にその “ラテンロック” に遭遇したのが “セルジオメンデスとブラジル66” というグループです。
ボサノバの軽やかで 歯切れのいいしゃれたリズム感にはまってしまいました。

このグループ 1966年に結成されたそうですが来年はどうするのかなと心配していたら数字の部分が
年が変わるとそこが更新されていきました。なんと安直な (◎o◎)

そのあといろいろ探していたら “ローリンド・アルメイダ” と “バーデン・パウェル” どちらもギター
なんですがやはり歯切れのいいリズム感がお気に入りです。
それからボサノバからジャズへと導かれていきます。

それから暫くはあまり気に入ったグループは出てこなかったのですが 或る時突然出てきたのが
“カルロス・サンタナ” ブラック・マジック・ウーマン。何回聴いたでしょうか?

それと “蒼い影” は今でも(さわりの部分だけ)弾く事が出来ます。

今日の一曲
 “セルジオメンデスとブラジル66” で “祈り” です



映画
映画好きな姉がいてくれたおかげで小さい頃からいろいろと映画を観る事が出来ました。
どうやら一人で行くと親から反対されるので入場料金の安い私がダシにされたようです。

幼い頃?にいろいろと観た映画でも印象に残っているのは “独裁者” “ニューヨークの大様” あとは
“モダンタイムス” でしょうか? 姉もチャップリンのファンだったようです。

なんといっても音楽がきれいでした。

今日の一曲 チャップリンの映画から ライムライト。映画のタイトルは忘れました (キッパリ)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。