日々つれづれ
ジャンルに関わり無く過去にあったことや最近思うことなどを徒然に綴ってみたいと思います。
プロフィール

Nさん

Author:Nさん
熊本県の北のほうに住む♪60歳を越えてしまったNさんといいます。音楽が好きでクラシックギターをやっていましたが、今はハモンドオルガンに凝っています。
同じ趣味をお持ちの方、老若男女を問わずよろしくお願いします



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



FC2カウンター



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いきなり
昨日、朝からパソコンを使って・・・ いったん電源を落として午後にもう一度電源を入れたら画面調整のメニューが出てきました。
エ、なんで?と思いつつもセット用の押しボタンを押したらそのメニューは消えたのでまた続けてパソコンを使っていたらまたメニューが出てきます。
二・三回繰り返したら今度はしょっちゅう出てくるではありませんか (OoO)
出てくる場所は画面のほぼ中央です。仕事をしていて邪魔になる事この上もなしです。そのうちに設定の内容が勝手に変わるようになりました。パソコンを切って、仕事?も中断です。

症状を良く考えたら設定のときに使う “マイナスキー” が押されたままになっている様子です。
早速ディスプレイを外して修理をします。
スタンドを外して・・・ 裏蓋を外して・・・ 押しボタンスイッチの取り付けてある基板を取り出します。
半田付けしてあるのですが、その半田を除去して痛んでいるはずのスイッチを取り外しました。

それでまたパソコンに接続してみると もうあのメニュー画面は出てきません。メデタシメデタシ
のはずだったのですが
マイナスキーが押されたままだったので画面の設定で明るさがマイナスになってしまっていました。
暗い画面です。いくらなんでもちょっと暗すぎます。

設定開始キーを押すのですが 画面の自動調整のスタートと色調設定の項目しか出てきません。
明るくならないのです。しかも各押しボタンで設定できる受け持ち項目が違うようです。

色調設定の項目と並んで “リセット” と言う項目がありました。これはいけるかな? と思い
リセットをしてみると画面はめでたく明るくなりました。でも・・・・・ 明るい!
まぶしいほど明るい。これじゃあ目が疲れます。
そこで暗くしようと思ったのですが、その暗くする押しボタンが壊れていて先ほど取り外したのです。
暗くは出来ません。

明るいまま使うのか? と考えながら昨日はパソコンを閉じました。

今日、パソコンを使い始めるとやっぱりまぶしく明るいままです。(当然)

ひとつ思いつきました。
暗くなったときにリセットを掛けると必要以上に明るくなります。じゃあ、明るくするための
スイッチを暗くする側に取り付けよう。暗くなりすぎたらリセットを掛ければいい!

早速実行です。
昨日と同じ要領で (+) と表記された押しボタンの後ろにあったスイッチを (-) と表記された
ボタンの後ろ側へ再取り付けです。

おそるおそる (-) 設定ボタンを押すと やったー! 画面はちゃんと暗くなってくれました。
アナログの場合はこうなる前にいろいろと症状が出てから決定打がくるのですが デジタル
の場合は故障もデジタル。いきなり出てきます。

これでゲームが出来る。


スポンサーサイト
新しいキーボード
今回買ったパソコンにサービスで付いてきたキーボード、やっぱりだんだんと使い勝手が悪くなってきました。
特に親指でスペースキーを押すときにフレームが邪魔して押せなかったりします。スペースキーやシフトキーのように長めのキーを叩くときに左右どちらかの端っこを叩くと動作してくれないキーが出てきてしまい、“ENT” とやっても次に進んでくれません。

今日電気屋さんで新しいキーボードを買ってきたのですが 展示してあるほとんどが “メンブレンキー” です。この手は安いのは良いのですが操作したときの感触があまり好きではありません。とは言うものの他に感触の良いものがなかったのでちょっとだけキートップの背が高いものを選んで買いました。

昔使っていた “メカキー” と比べると使いずらいのですがストロークも比較的大きく昔のキーボードの感触に近く価格からすると “こんなもんか?” ということでしばらくは厄介になります。キーを叩くたびにかちゃかちゃと音がしますが昔いじっていたタイプライターに比べると静かなものです。

“メカニカルキーボード” 価格も高いしなかなか無いようです。長持ちするんだけどナ

ソフトの更新?
意を決してやってしまいました。というのも 今まで入っていた “IE8” どうしても馴染めなかったので “IE7” に戻そうというわけです。
このままではあちこちのブログへのコメントの書き込みもままなりません。それにニュース関係も “邪悪なプログラム?” が邪魔をして観られなくなるものが結構ありました。ただ 今まで使っていたノートパソコンには “IE6” が入っていたのでIE7は使ったことがありません。さてどうなることやら?

まず、そのままの状態で “IE7” がインストールできるのか? と思い、メーカーサイトからダウンロードを始めました。ダウンロード謙インストールを始めた途端に “このパソコンには最新のものがインストールされています” のメッセージが出てインストールしてくれません。
困ったと思いながらインターネットであちこちと探し歩いていたらどうやら一度アンインストールして入れるしかなさそうです。

ただ “IE8” をアンインストールするとネットへのアクセスができなくなるので今度はダウンロードができなくなります。そこで先に “IE7” をダウンロードしておき、アンインストールした後に “IE7” をインストールすることにしましたが大変な冒険です。
マ、リカバリーディスクもあるし、最悪リカバリーをやればいいから・・・? とかなり気楽に考えてアンインストール開始です。

ちょっと時間がかかってアンインストール終了! え! IEのアイコンが消えていません? なんでかな?と思いながら試しにクリックしてみると “IE6” が立ち上がってきました。オ~ラッキーデ~ス。これならば最悪 “IE6” が使えます。 “IE6” で困る?のはユーチューブが簡易モードで動作することぐらいで後は別に支障はありません。
安心して “IE7” のインストールを始めました。

インストールが終了し、パソコンを立ち上げなおして動作の確認です。お~! 立派に動くではありませんか (当たり前?) それから懸案の “ウサギさん” のブログを覗いてみました。フロントページはよかったのですが・・・ うン 今回もこれはよし。いよいよコメントの書き込み画面へ行きます。IE8の時はここで “悪意が認められる邪悪なプログラムを検出しました” とのメッセージが出てエクスプローラーが閉じていましたが・・・・ お~大成功! うさぎさんが邪悪な心を持っているわけはないんですよね~? これであちこちのブログで気兼ねなしに 罵詈雑言” を書き込むことができます。むふふ

テーマ:トラブル - ジャンル:コンピュータ

新しいパソコン
先日(中古の)新しいパソコンが到着しました。
中古にした理由は先日も書いたとおりですが、これがまた快適です。
流石に “ Made in TOKYO ” だけあって?動きが速いです。
インストールした アクロバット の立ち上がりも速く、CADの速度も申し分ありません。

ただ、到着してからすぐに動かしてみたのですが ディスプレイが表示しないというトラブルに見舞われました。幸いに親切な対応をしてもらい一週間遅れで動き始めました。
それにしてもIE8、ちょっと問題があるのでしょうか?

改めて気がついたのですが今まで使っていたノートパソコンのキーボード。このデスクトップのものとサイズを比較したのですが微妙に違うだけで大した違いはありませんでした。でも、この使い勝手の違いはどこから来るのでしょう?
これだったら以前やってたように “カナキーのブラインドタッチ” もできるように・・・ なればいいな
ここでもリハビリでしょうか?

このパソコンになってからインターネットで “接続拒否” を受けることもかなり少なくなりました。
パソコンのせいだったんでしょうか?もしそうだったらNTTのお姉さん、ごめんなさい。

UPする写真が数枚、そのうちにUPします。

ひとつだけ不満が。キーボードが少々を通り越して使いづらいです。そのうちに買い換えよう

テーマ:( ´△`) - ジャンル:日記

プンプン!
私の引越しの都合上 “モペラ” というプロバイダーに加入しています。
携帯電話の電波を使っているのでネット回線を引く必要も無く、何処でも安心して
インターネットを楽しむ事が出来ます(ホント?)

ところがこのネット回線が先月の後半からだんだんと重たくなり始めました。
現在ではオープニングに設定しているYAHHOの画面すら白い画面で “設定に・・・”
のメッセージが出るようになりました。つまり、ネット回線が繋がらないのです。

最近では “頻繁に” を通り越して “しょっちゅう” こういうことが起こります。
いろんなファイルをダウンロードしている時にこうなってもやり直せば済む事ですが
怖いのは大切なデータをアップロード、または送信している時にこうなって しかも
それに気がつかなかった場合です。

とうとう気がふれて・・ じゃなくて、軽く切れてしまってプロバイダのほうへ
電話をしました。状況を話すと導入時の設定の事から聴き始めるではありませんか!?
契約からもう一年半も使っていることは冒頭で伝えました。でも、(ブツブツブツ)
これを書き終わってからアップロードするのが一度で済めばよいのですが・・・

回線が繋がってブログにログインできてもその後の動きが心配です。コピーしておか
ないとダメだったらまた最初からやり直しです。ページ内のあっちのページへ行ったら
エラー! デ、もどったらまたエラー! 強制ログオフをやってホームページを開こうと
したら “接続できません” のメッセージ。プン・プンプン

今日はいつもより調子が良いのでこうやって “クダ” をまいています。(ゴメンナサイ)
グチばっかり書いてもしょうがないですね。

我がPCも W-2000 ではネットに接続しても "run time error" なるものの
出てくる頻度が多くなりました。そろそろ買い替えかな? でも、インストールしている
CADソフトが 32bit でなければ動いてくれません。
考えた挙句に 32bit OS (XP) がインストールしてある “中古PC” を買うことにしました。

最近ではあまり使わなくなってしまった CADソフト、でも無いと不便だし 64bit 用を
買えば軽の新車が買えてしまいます。
PCは今朝注文をし、到着は来週の中ほどになるようです。

私のパソコンが替わってもネットの状況は同じ、しばし (来月二十日過ぎまで) 更新が遅くなります。

テーマ:通信・回線・サーバー - ジャンル:コンピュータ

マウス
一年ほど前からパソコンの調子が時々おかしくなっていました。それも一旦良くなるとなかなか症状が出ません。なんだか動きが遅くなった感じがします。
アイコンをクリックしてもなかなか次に移らず二・三度クリックして やっと次に移ってみたりパソコンのゲームで “スパイダーソリティア” をやっている時にカードをドラッグしてきて指を離して・・ところが・・ カードが・・・ 落ちない君。

左クリックをしていないのにマウスを上下に動かすと文章が選択されてしまったりします。これは “マウス” のせいだ! と思える症状が出たので早速近所の電気屋さんへマウスを買いに行きました。
いろいろ有って、なんと言っても安くなりましたね~? ムカシ、PS2仕様のボールマウス。一万円以上していたような気がします。(話が古すぎますか?)

今までのも安いやつでしたが十年近くも使えたので今度も一番安いのを買いました。寿命はどのくらいでしょう?
取り替えたら最初に・・・ といろいろ思いながらパソコンが立ち上がり途中に動かすとマウスカーソルが動きません。“エッ?” と思っていると “新しいハードウェアが見つかりました” とのメッセージが出たので一安心。メッセージアイコンが消えてから動かしてみるとちゃんと動きます。これで二安心です。
それに、なんだかパソコンの動きもスムースです。マウスがだいぶパソコンの動きを邪魔していたようです。

ただ、“安物” (ごめんなさい) を買ったせいか右クリックすると “キコキコ” と音がします。全体をぎゅっと握っても音がします。指でマウスの周りを軽くまんべんなく押さえると一箇所 “キコキコ” と押さえる度に音のするところが有りました。ははーン じゃ、接着剤で・・・ と思い、物入れの棚の中から瞬間接着剤を探し出しました。暫く使っていなかったので硬くなったキャップを外し、恐る恐る音のするあたりのケースの隙間に先端を当て、そっと搾り出します。

出しすぎて中の可動部についてもいけません。・・・ンガ! 出てこない。暫く使っていなかったので先端の細いところの中が固まったのかな? じゃ・・・。虫ピンを用意して先端部から押し込みます。意外とすんなりと入りました。

さぁ、もう一度・・・・・。

また先端部を目的のところに沿わせてチューブをそっと押さえます・・・。出ません・・・。テーブルに紙を置き、ワッと出ても良いようにしてチューブを押さえてみました。しかもだんだんと力いっぱい・・・。出ません。

こうなったらこぼれても良いようにしているのでチューブの接着剤で膨らんでいるところをギュッと握ってみました。
硬い?!!! やっぱり一年も経つとこうなるのかな? 歳をとると硬くなる(何の話?)
接着剤は・・・ 次にお出かけした時に。。。いつになるのかな? 忘れないといいけど (-o-)

マウスパッド
ここんとこ、ずっと音楽とはかけ離れたテーマばっかりですが
暫くはついでにいろいろと書いてみましょう?

皆さんはマウスパッド、どんなものをお使いでしょうか? マウスは
私もずっと昔の ボールタイプ マウスからいろいろ使っているのですが
ボールタイプのマウスは使っているとすぐにボールの回転をピックアップ
しているローラーにゴミが溜まってすべりが悪くなりました。

光学マウスが出てすぐに使ってみたのですが動きのステップが大きく、
なかなか思ったように動いてくれませんでした。
いまどきの光学マウスは動きが滑らかでいいですね。

ただ、マウスの下に置く(敷く?)マウスパッド。荒れ アレ次第で
マウスの動きが良かったり悪かったり・・・・
マウスパッドとして市販されているものもだいぶ使ってみたのですが
やっぱり汚れてくると動きがおかしくなってきます。
何度も水で洗ったりして使っていました。

或る時、洗いに行くのも億劫・と言うか、その時は忙しかったのです・ホント
で。講じた策はコピーのやりそこないの紙を敷いてみました。

エ・・? これがとても調子がいいのです。汚れたら次の紙。コピーや
プリントの失敗分で済みますから惜しげもなく新しく出来ます。
勿論紙の裏側を使いますがとても気分よくマウスが滑ります。
湿気ってない紙がいいですよ。

また、パソコンを使っていて電話を受けた時にとりあえずメモるにも重宝します。
だまされたと思って一度やってみてください。目からウロコものです。

エ・動きが悪い? あなたはだまされたんですね~!

コンピューターの起動
今のパソコンは電源を入れるとすぐにOSの起動を始めますが この頃使っていたコンピューターは電源を入れてもすぐには動きません。メモリーの中には前回動いていたプログラムの残骸が残っていて何をやるのかが分からない状態です。

そこで今では “OS” と呼ばれる部分、(“モニター” と呼んでいましたが) これを読み込ませ動作させる必要があります。この手順がまた面倒です。“モニター” を読み込むための “ブートストラップルーチン” というものを読み込ませるために “ブートローダー” というものを読み込ませます。

この “ブートローダー” を読み込ませるのに更に今度は手動で簡単な読み込みプログラムを書き込み、動作させていました。勿論機械語での作業です。

順序は
①・手動によるブートローダー読み込みプログラムの読み込み
   この時は長さ10ワードほどの機械語を “レジスタースイッチ” と呼ばれるものをパチパチ
   操作してメモリーに書き込みます。

②・その後 長さ50cmほどの紙テープになにやら穴の開いているものを紙テープリーダーに
   掛け読み込ませます。(ブートローダーの読み込み)

③・ブートローダーを動作させ、ブートストラップルーチンの読み込み
   ブートストラップルーチンが書き込まれた紙テープをリーダーにセットしてブートローダーを
   スタートさせるとセットされた紙テープが読み込まれ、ブートストラップルーチンの準備が
   出来ます。

④・モニタープログラムテープをリーダーにセットし、ブートストラップルーチンを “RUN” させます
   モニタープログラムが読み込まれ、これでやっと動作させる準備ができました。

⑤・動作させたいユーティリティープログラムが書き込まれた紙テープをセットし、モニター
   プログラム中の “プログラムローダー” を動作させ、読み込みます。
    この操作はユーティリティーが変るごとに行います。

⑥・ユーティリティーを “RUN” させます。

通常は⑤と⑥だけをやればいいのですが最初の起動時は大変です。

だいぶ後になり、半導体メモリーが安価に出始めるとブートストラップルーチンはこれに書き込ま
れていてスイッチ一つでモニターがロードできるようになりました。当時メモリーは “磁気コアメモリー” 全盛の時代です

モニター・・・ COBOLの時は “スーパーバイザー” とも呼んでいたような? なにせ
パソコンなんて無かった昔の事で記憶のず~っと彼方です。
磁気テープ装置
実習に使っていたコンピューターには “磁気テープ装置” が接続されていました。
それのテープ幅が少々広くて。今ではあまり使わなくなった “カセットテープ” の幅はカセットテープが出てくる前の “オープンリールテープ” の半分です。そのオープンリールテープの2倍の幅が磁気テープ装置用のテープ幅です。カセットテープの4倍、結構広かったんですね。

分かりにくいかな? 要は今のビデオテープの幅です。ナンチャッテ

ある時、ある教官が 「半分に切れば自分のテープデッキに掛かる」 と気が付き、さっそく数mを持ち帰って (良かったのか?) 鋏でじっくり時間をかけて半分の幅に切ったそうです。
そのあげく、やっとの思いでテープカットが終わりテープデッキにかけて聞いたところ、 “ジャー” という音がして大変だったそうです。ボリウムを普通にしていたのにそれはそれは大きな音で鳴ったそうです。
上から音楽を録音しても消えない? 当時 “音楽用” ではあまりなじみの無かった “メタルテープ” だったようです。

今のデータ用CDに “音楽用CDプレーヤーにはかけないでください” と書いてありますがまさにそれを無視してやってしまった状況です。(やっちまったナ~!)
これを読んでいる皆様もくれぐれもご用心。データ用CDと音楽用CDは近くに置かないほうがいいですよ。特にコピーしたやつは見分けが付きません。
音楽が入っている (ハズ) とおもってプレーヤーにかけたらスピーカーからものすごい雑音が飛び出します。ヘタしたら今のコンポは壊れる場合も有り・・・カモ

でも、あの教官の好奇心、感服します。
初めてのコンピューター2
ブログを書くのに固い話ばかりじゃ退屈するので・・・と考えていたら 「これはいける!」 と言うテーマを思いついたのですが メモしておかなかったばっかりに “いざ” となった今 何を書こうとしていたのか忘れてしまいました。

と言うわけで、今回もコンピューターネタです。

私が実習で使っていたコンピューターにはキーボードは付いていませんでした。その代わりに “コンソールタイプライター” というものが接続されており、簡単な入出力はこれで行います。紙テープも読み書きできました。ただ、専用の “リーダー/パンチャー” よりも速度が遅かったのです。

遅いから・・なりの特長もあって・・・、文字の挿入をやりたい場合は紙テープを読み取らせながら印字・パンチアウトさせて行き、印字が目的近くまで来たら手動で停止させ一文字ずつ送って目的のところで停止させます。そうしておいて挿入したい文字をタイピング・パンチして残りを読み取り・印字・パンチさせます。
一文字消したい場合は同じようにして目的のところまで来たら “デリートコード” というものをパンチします。最先端の割には結構人間くさい事をやっていました。
今のワープロソフトやエディターなどの “スクリーンエディター” などは夢のまた夢、なにせCRTディスプレイさえ無かった頃の話です。

ただ、今でもすごいな~! と思うのは “ラインプリンター” です。15インチのファンフォールド紙にフルに印字しても 6行/秒 位のスピードで印字していました。今ではもっと早いかと思います。でも、活字インパクト方式だったのでとにかく外カバーを開けるとうるさかったです。

パソコンのプリンターを初めて使ったときにプリンターヘッドが1行印字して元の位置に戻るのに2~3秒掛かり、それから次の行を印字するのを見て 「これおかしいんじゃない?」 と思ってメーカーに問い合わせてしまいました。メーカーから 「ラインプリンターじゃありません、価格を考えてください」 の返事に納得してしまいました。とにかく遅い!と、ある人にこぼしたら 「じゃ、同じ速度で書いてごらん」 確かに人間業じゃないですね。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。