日々つれづれ
ジャンルに関わり無く過去にあったことや最近思うことなどを徒然に綴ってみたいと思います。
プロフィール

Nさん

Author:Nさん
熊本県の北のほうに住む♪60歳を越えてしまったNさんといいます。音楽が好きでクラシックギターをやっていましたが、今はハモンドオルガンに凝っています。
同じ趣味をお持ちの方、老若男女を問わずよろしくお願いします



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



FC2カウンター



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベツレヘムの星
去年の11月ごろから気になる星がありました。
勝手に “ベツレヘムの星” と名づけたこの星、大きいんです。
東の空に見え始めたころは まるで低いところを何かが飛んでいるような錯覚に陥ったほどです。
UFOだ! と言っても信じる人が出てきそうな感じがしました。

それに加えてここ一ヶ月ほどでもうひとつ星が加わります。
今まで見えていた星よりも大きく、まるでベツレヘムの星をお迎えしているかのようです。

最初(今も)見えていたほうの星は木星だろう?と思ってはいたのですが
こうも大きな星が二つも並ぶと気になりだしてちょっと調べてみました。

案の定、最初に見えていたほうの星は木星で、それの西側で更に大きく見える星は
金星、ビーナスだそうです。宵の明星 とも言いますね
二つの星の見かけの距離がだいぶ近くなりました。そろそろランデブーかな?

ベツレヘムの星 クリックで大きくなります

西の空に新月に近いお月様の上に大きく輝く星二つ。 更にもう少し南側の天頂付近には
オリオン座があります。

大きな星ふたつ、皆様も何かを感じるかも? 観てみてください。
スポンサーサイト
星野写真
いつも朝早くの星空が奇麗なので 「ひとつ、写真に撮ってやろう」 と思い立ちました。
やってみて失敗だったと言うのは避けたいので昨日の夜のうちにちょっとテストです。

焦点をマニュアルにして、シャッター速度と絞りをセットします。
最初の一枚目。案の定操作ミスで自動のまま撮ってしまいました。
でも、ミスの割には結構良く撮れています。夏の大三角形の一角、白鳥座が写っています。

じどうろこう

これに気をよくした私はシャッター開時間を最大の16秒にしてもう一度トライです。

ろこうかた

同じような向きなのですが今度は感度が上がりすぎて上空の雲に下界の光が反射してよくありません。ノイズがいっぱいです。
やっと適正?露光を見つけ出したところで今夜はおしまい。明日の朝が楽しみです。

デ、朝が来ました

最初の一枚目。
はくちょうざ すばる

おっと・・ 左の写真は昨夜の名残、“白鳥座” です。右側の写真。左下に大きいのが “木星” です。
それの少し右の上の方に “すばる” が写っているのですがちょっと見づらいです。
決して車の形はしていませんので念のため (^-^)o

天候はうす曇りでした。結構いけると思ったんですが・・・
やっぱりよほど天気がよくないと長時間露出が出来ないので厳しいようですね。

それと、ディスプレイの右下の隅っこに見えるかな~・・・?
・・・ 星雲のようなものが・・うつって・・・ 失礼、ゴミでした。

また今度、快晴のときにチャレンジしてみましょう
UFO が写るかもしれません。ホント?


お月様と
昨夜空を見るとお月様とビーナスが写真のような状態です。
衝 (クリックで大きくなります)

前の晩はビーナスだけしか見えなかったのに一日で素敵なデートが見れました。
早速カメラを三脚にセットして庭へ繰り出します。

う~ん・・・・・ お月様とビーナス、何を話したのかな?

それにしてもお月様は結構明るいんですね、月に露光をあわせるとビーナスがかすみます。
逆にビーナスに合わせると月が太ります。むつかしい (-_-)

手持ちのデジカメはレンズ交換はできないけど、せめて400mmくらいの望遠レンズが欲しいです。
それとレリーズ
ビーナス
昨日の夕方遅く、西の空を見ると写真のようなお星様!
宵の明星、ビーナスです。
ビーナス 写真はクリックすると大きくなります

うすい曇の層を突き破ってビーナスの輝きが視界に飛び込んできます。

私の持っているカメラで撮れるかな? ちょっと疑問でしたがナントカ撮れました
でも、輝きの感じが写し撮れません。それはまた頑張ってみましょう 

ビーナスといえば・・・ 関係無いのですが、ホルストの “惑星” を聴いてみたくなりました。
レコードなら従兄弟が持っているのですが、所在は横浜。

CDを買おうかな?

ビーナスが撮れたら他の星も撮れるはず、昔の虫が目を覚ましそうです。
私はしし座、 もうそろそろ観ることが出来ませんが 星座を探そう!


流星群
一昨日の前の夜、オリオンの流星群が観られるとの事でワクワクしていました。
当日の夜、流星群を観るにはまだ早い時間に位置を確認。そろそろ上がってくる “オリオン座” と “ふたご座” の間くらいの位置を睨みつけてお風呂に入りました。
10時過ぎくらいに空を眺めると先ほどは星空が見えていたのに一面のうす曇り。「これじゃ~無理だな・・明日が極大日だから明日観てみよう」 と考え、就寝しました。翌日の夜空を眺めると昨夜にも増して厚い雲が。。。。
これじゃぁ観れない・・・と思い就寝。更に翌日の夜もまた・・・曇り空。
がっかりしてふて寝です。・・今年も観れなかった
日食
今日は日食でした。私が小学生の頃に一度同じようにダイヤモンドリングが出来る日食を観た記憶があります。その頃のお勧めのサングラスはガラス板にろうそくのススを付けたもの。昨今、テレビで言うには 「使ってはいけません」 の中に分類されています。
風振れ
写真は撮ったものの三脚が歳が行ってて少々不安定というか・・どこかのネジが緩んでいたんでしょうね?ごらんのように(多分風で?)上下にぶれています。
遠い被写体なので手元では分からないほどの “ちょっとしたブレ” が結構大きなブレになるようです。
ちゃんとしたサングラスで太陽を観たら夜に観るお月様のように “ニンマリ口元” でした。

食が最大の頃カメラにサングラスをつけていては撮影できない?感じだったのでサングラスを外したのですが雲のおかげで半端じゃないハレーションです。こんな時はどうすればいいのかな?肉眼では太陽の形がきれいに観えています。

食が最大になる30分ほど前から食の後10分くらいまで多少雲が薄れ、何とか撮る事が出来ました。
かねての行いが良いとこうしたものでしょうね。
三脚を整備して20倍くらいの望遠鏡と組み合わせたらいい写真が取れたかも???でも、フォーカスを意図的に変えても勝手に元に戻さないアナログカメラの感覚で使える “フルマニュアル” のカメラが欲し~い!

来年はイースターへ・・・・ 行けるわけないな

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

夜空の星
昔々(いつも似たような書き出し?) ある所に・・じゃなくて長崎のほうへ出かけ、少々遅くなって帰り始めました。「有明フェリーの最終便に間に合うかな!?」 と思いながら車を急がせていたのですが残念ながら目の前を出て行く船。「あと5分早ければ・・」 なんて思っても後の祭りです。
しかたなく有明海の湾岸を走ることになりました。

長崎のほうまで戻るのは大変だと思ったので諫早から鹿島の方へショートカットです。まだ一度も走ったことの無い道をしかも夜に走るのは結構不安なものですね。

何とか佐賀までたどり着き 佐賀平野を走っている途中で一休み。知っている所は安心です。
ふと夜空を見上げると満天の星。有明海の水分が影響して瞬いている星を観ながら 「星ってこんなに多かったんだよな~!」 と思いながらさそり座のうしろ下辺りを眺めると半円形をした可愛い星座が一つ。
翌日子供の星座盤を取り出して調べると “南の冠座” としてありました。

夜空1

それから数年経ってからその “南の冠座” を思い出し、その星座を探すのですが見当たりません。何年か経って偶然見つけたときはそれはそれは嬉しいものでした。でも、かなりうすぼんやりとしか見えません。
今は分かりませんが当時の佐賀平野、有明海の上空の空気は澄んでいたんでしょうね。それともたまたま?
星が観たくて
子供の頃から宇宙に対して憧れみたいな特別な感情が有りました。小学生から始まって読む小説はスペースオペラが主です。(でした?) 親に連れられて今は無い大牟田のデパートに行った時には決まって理化学機器売り場で望遠鏡のコーナーです。
あきれた母は 「母ちゃんはほかに行ってくるけんここにおらなんばい」 と言って自分の用事を済ませに行きます。そんな中、或るときに天体望遠鏡用レンズセットを買ってもらいました。

嬉々としてそれを それはそれは大切に持って帰った私はボール紙を買ってきて組み立て始めます。
初めて望遠鏡を作った私は驚愕でした。逆さに見えるのです。後になって分かったのですが 「天体望遠鏡は基本的に逆さに見える」 ということです。

出来上がった望遠鏡でお月様を観ました。柱の角に望遠鏡を手でしっかりと固定し、ここで見える!と言う具合にやるのですが、黄色いお月様らしいものが見えたかと思うとすぐに夜空の暗さに戻ります。
今考えると三脚も使わずに当然の結果ですが・・・・。

だいぶ前の話ですが大人になってから今度は 「反射望遠鏡を作ろう」 と言う決心をして色々と調べました。反射望遠鏡は集めのガラスの板を削り、凹面鏡を作ります。その後にアルミなどの金属を蒸着して鏡にします。アルミを蒸着するのだったら最初からアルミで作れば・・・?と思い、長洲に有る○○サッシにコネがあったのでそこの品質管理部に居た人に頼み込み 「テストピース」 というものを手に入れました。厚みと言い、大きさ (直径20cm) と言い申し分の無いものです。

さっそく研磨剤も手に入れて磨き始めたのですがそ~っと磨いていても研磨剤の水分の都合か何か分からないのですが暫くするとゴリッとした感触とともに研磨できなくなります。
そっと研磨していた面を覗くとくっきりと傷跡・・などじゃなくてが入っています。最初からやり直しですが何度やっても結果は同じ・・・・

現在何か良い方法が見つかるまでこのアルミのブロックは棚に乗ったままです。
マダ忘れちゃいないよ
宇宙ステーション ISS
昨日の夜8時をまわった頃南西の方向から北北東の方向へ
宇宙ステーション ISSが飛んでいくのが見えました。
飛行機くらいの速さです。

最初の明るさは一等星くらい。途中-3等星?くらいの明るさになり
だんだんと暗くなって最後は2.5等星くらいの明るさまで落ちました。

星よりも低くは感じたけどあんな高いところを飛んでいる飛行物体に
人間が乗っているんだなと感激もひとしお。

今夜は八時半くらいに北西の方向に見えるはず。
ただ、明るさがどうかな??
夜空
sqsoriza
夜空があまりにも綺麗だったので思わずカメラを持ち出して星夜を一枚・・・真っ暗・・・もう一枚。
何とか 「ら・し・く」 撮れたのがこの一枚です。後で考えたら 「マニュアル」 で撮ればよかった。ちょっと見難いけど左の大きめの星が「木星」。中央から右下の少し大きめ?の星がさそり座の「アンタレス」。今度はもっと上手に撮りましょうね。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。