日々つれづれ
ジャンルに関わり無く過去にあったことや最近思うことなどを徒然に綴ってみたいと思います。
プロフィール

Nさん

Author:Nさん
熊本県の北のほうに住む♪60歳を越えてしまったNさんといいます。音楽が好きでクラシックギターをやっていましたが、今はハモンドオルガンに凝っています。
同じ趣味をお持ちの方、老若男女を問わずよろしくお願いします



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



FC2カウンター



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



電話の勧誘の断り方
今日は またしても電話の勧誘です。一週間くらい前から律儀に私の居るときを見計らっているようでした。
都合4度目?位の電話になります。

もしもし・・と電話に出ると 「○○Qの△△と申します」 と来る。おぉ 最近の電話勧誘にしては比較的礼節を知る電話だな?・・と思ったら やおら 「確実にレシピを読んでいるな!」 と思えるつづりかた教室の朗読状態。
せめて 「お時間、よろしいでしょうか?」 の一言があればもうちょっと聞いてやったのに。

途中大きな声で朗読をさえぎると 「申し訳ありませんが親戚が○TTに勤めているので電話会社は変更できません」 と言うと 「そうですか」 と少しがっかりした声で引き下がってくれました。

この手も使えるナ!
夜空の星
昔々(いつも似たような書き出し?) ある所に・・じゃなくて長崎のほうへ出かけ、少々遅くなって帰り始めました。「有明フェリーの最終便に間に合うかな!?」 と思いながら車を急がせていたのですが残念ながら目の前を出て行く船。「あと5分早ければ・・」 なんて思っても後の祭りです。
しかたなく有明海の湾岸を走ることになりました。

長崎のほうまで戻るのは大変だと思ったので諫早から鹿島の方へショートカットです。まだ一度も走ったことの無い道をしかも夜に走るのは結構不安なものですね。

何とか佐賀までたどり着き 佐賀平野を走っている途中で一休み。知っている所は安心です。
ふと夜空を見上げると満天の星。有明海の水分が影響して瞬いている星を観ながら 「星ってこんなに多かったんだよな~!」 と思いながらさそり座のうしろ下辺りを眺めると半円形をした可愛い星座が一つ。
翌日子供の星座盤を取り出して調べると “南の冠座” としてありました。

夜空1

それから数年経ってからその “南の冠座” を思い出し、その星座を探すのですが見当たりません。何年か経って偶然見つけたときはそれはそれは嬉しいものでした。でも、かなりうすぼんやりとしか見えません。
今は分かりませんが当時の佐賀平野、有明海の上空の空気は澄んでいたんでしょうね。それともたまたま?
星が観たくて
子供の頃から宇宙に対して憧れみたいな特別な感情が有りました。小学生から始まって読む小説はスペースオペラが主です。(でした?) 親に連れられて今は無い大牟田のデパートに行った時には決まって理化学機器売り場で望遠鏡のコーナーです。
あきれた母は 「母ちゃんはほかに行ってくるけんここにおらなんばい」 と言って自分の用事を済ませに行きます。そんな中、或るときに天体望遠鏡用レンズセットを買ってもらいました。

嬉々としてそれを それはそれは大切に持って帰った私はボール紙を買ってきて組み立て始めます。
初めて望遠鏡を作った私は驚愕でした。逆さに見えるのです。後になって分かったのですが 「天体望遠鏡は基本的に逆さに見える」 ということです。

出来上がった望遠鏡でお月様を観ました。柱の角に望遠鏡を手でしっかりと固定し、ここで見える!と言う具合にやるのですが、黄色いお月様らしいものが見えたかと思うとすぐに夜空の暗さに戻ります。
今考えると三脚も使わずに当然の結果ですが・・・・。

だいぶ前の話ですが大人になってから今度は 「反射望遠鏡を作ろう」 と言う決心をして色々と調べました。反射望遠鏡は集めのガラスの板を削り、凹面鏡を作ります。その後にアルミなどの金属を蒸着して鏡にします。アルミを蒸着するのだったら最初からアルミで作れば・・・?と思い、長洲に有る○○サッシにコネがあったのでそこの品質管理部に居た人に頼み込み 「テストピース」 というものを手に入れました。厚みと言い、大きさ (直径20cm) と言い申し分の無いものです。

さっそく研磨剤も手に入れて磨き始めたのですがそ~っと磨いていても研磨剤の水分の都合か何か分からないのですが暫くするとゴリッとした感触とともに研磨できなくなります。
そっと研磨していた面を覗くとくっきりと傷跡・・などじゃなくてが入っています。最初からやり直しですが何度やっても結果は同じ・・・・

現在何か良い方法が見つかるまでこのアルミのブロックは棚に乗ったままです。
マダ忘れちゃいないよ
ジャズは・・・?
ジャズは嫌いですか?私は大好きです。クラシックも聴くのですが少しだけバロックに偏っています。
私もジャズを聴き始めた頃は 「?・?」 状態でしたが今では理屈ぬきに聴いています。

私なりの 「ジャズ考」
元々はクラシックを主体に聴いていたのですが大阪の会社にいた頃 寮の友人が結構ジャズマニアで、毎日聴かされていました。今では アドリブの饗宴とも言える “モダンジャズ” も聴きますが、やっぱり古きよき時代の “スタンダードジャズ” が好きです。本来はダンス音楽だったようで、聴いてよし、踊ってよし。楽しいですね。

ジャズとは?と考えると、起源は黒人霊歌から云々とありますが、そこら辺は置いといて クラシックが近代となった頃に(だと思うのですが)ポップスが派生して一つの流れになっています。その後ロックが出てきて「プレスリー」に代表されるような歌手やバンドが出ています。

そのポップスが派生した頃にビッグバンドでも取り上げられる楽曲があり、「グレンミラー」 で代表されるビッグバンドで演奏されていました。これ等の演奏される曲の中にジャズ特有の “アドリブ” と呼ばれる部分があります。この “アドリブ” の有る無しが同じ曲を演奏してもジャズかそうで無いかの分岐点だと思っています。

だから、モダンジャズにしてもまず 「テーマ」 となる 元歌? が演奏されてそれに続いて各楽器の担当者が自分なりの解釈でアドリブを繰り広げていきます。ここには既に楽譜は存在しません、ただコード進行が有るだけです。だから 演奏している人の気分でメロディーというか “音” が違ってきます。

ここの “気分で” というところが曲者で、ここには深く深遠で精神的なものが存在します。そこまで考えながら “音楽” を聴くと胃と頭が痛くなるので止めておきましょう。深くは考えずにジャズのメロディー (音の展開) の “心地よさ” だけを楽しみたいと思います。

年代を同じくしてクラシックのことを考えると 「現代クラシック」 なる分野があります。私にとってはこちらのほうが難解です。現代クラシック←リンクです
ジャズの場合、根底に「元歌」が有るのに現代クラシックではテーマとなる部分は微塵も感じられません。
昔に 「題名の無い音楽会」 でも取り上げられましたがあまり聴かないうちに嫌悪感を感じ、テレビのチャンネルを変えたように思います。

マ、いずれにしても オペラ はドイツ語やイタリア語で歌われても何のことやら分かりません。ただ音楽のメロディーを楽しむだけです。そんな風に割り切って考えたら 「これでいいのだ~!」 と思っています。
「あぁ・あのコード、こんな風に解釈しているんだな?」 なんて考えながら聴いているわけでは有りません・・・。漫然と聴きながらワクワクしています、これが私の中のジャズの本質です。
ブログに書き込みしてもらったら嬉しいものですね。みなさん、ありがとうございます。
あちこちに書き込みはさせてもらっているのですが、歳のせいか少々説教じみてしまう時があります。最近、多少反省です。

数日前にバイクを片付けている時 ブロック塀の角に腰を嫌というほどぶつけてしまいました。その時は 「あぃた~!」 というくらいで済んでいたのですが三日ほど経ってからなんだか腰の具合がおかしくなって今日は座るときはいいのですが立つ時にかなりの痛みを感じます。まるで “ギックリ腰” をやったときのような痛みです。
ここを覗いてくださる皆さんも気をつけてください。

クラシックでは無いのですが、次のようなサイトを見つけました。中々聴く事の無いオルガンライブです。
オルガンライブ 二部構成です、長いので前半だけ。

そろそろ本格的に入梅ですね。今月末は大牟田ではジャズのセッション、荒尾では・・・・何処に行こうかな?
野球嫌い
ホークスの交流戦成績がトップのままあと5試合になりました。
2位の球団とのゲーム差が少ないのが気にかかります。
 ちょっと調子が悪かったらサービス精神旺盛になる外国人
投手がいらっしゃるもので・・・

とか言っている私はホークスが福岡に来るまではプロ野球は
大の大・だぃっ嫌いだったんです。シーズンになるとテレビは勿論
ラジオまでスイッチを入れるAMは野球の放送。楽しみにしていた番組は
野球放送に潰されて “わーワーぴーピーどんドンぎゃーぎゃー”
今みたいな “整然とした” 応援ではなかったのです。それはそれは
ルールは知らない、当然 「専門用語」?は知らない私にとって “うるさい”
以外の何者でもありません。
アナウンサーはというと何か一生懸命に訳の分からない言葉をわめいています。
舞い上がってんじゃないよ!!

 頼みの綱のFM放送もNHKじゃ趣味に合わない。残りはFM福岡のみです。
そのFM福岡がある時やってくれました。そうです、野球放送です。
唯一野球放送が無くて楽しめる局だったのが・・・この時は非常に腹が立ちました。
仕事をやりながら聞いていたラジオのスイッチを即刻切ります。

翌日ラジオを聴いていて昨日と同じ時刻になってまた野球かな?と思っていたら
私の予定通りの番組でした。後から聞いたのですがこの “野球放送” に関しては
相当のブーイングだったらしいです。
もし、二日も続けて野球放送があったら当時1局しか無かったFM民放ですが
二度とこの局は聴かないつもりでした。

何で私がこんなにまで野球嫌いだったかというと、まだ私が小学校低学年
のころ住んでいた地区で “少年野球メンバー募集” というのがありまして
キャッチボールしか知らない私も 「なんだか面白そうだ?」 ということで
オーディション?に行って来ました。

そこで一番偉そうにしている大人(多分監督さん)がルールば知らんやつは
おらんじゃろな!と言っていたと思うのですが私はその “ルール” というものは
ナンゾヤ?という具合で、何も分からないうちに物事は進んでいきました。

練習が始まって2~3日が経っていつもの練習場へ行って物を運んだりしていたら
私の足にいきなり?ボールが当たったのです。しかも断りもなしに?(事前説明無しに)
・・・ピッチャーがピッチング練習をしていたのですが今考えるとちょっとみれば
すぐに分かりそうなものですが・・・野球とは何かも全然知らない状態の私には
かなりショックな出来事です。

とても痛くてそれ以来、二度と野球のボールには近づきませんでした。
野球なんか大っきらい

そんな私が野球に興味を持ったのは福岡ドームが出来、球団が出来、王監督
が福岡に来られてからです。最初のうちは ふふん て感じだったのですがそのうち
結果が気になりだし、そうこうしている内に優勝してしまいました。

それから途中結果が気になりだし時々は野球放送をテレビで観戦です。ルールも
本当に知らなかったのですがアナウンサーの言葉と画面とを照らし合わせてお~
少しずつ憶えていきました。
今でも完全では無いのですがゲームを理解するのに必要なルールは何とかわかり
ます。50歳前になってやっと理解した人は多く無いのではないでしょうか

最近では他球団の成績も気になります。これはもうホークスのファンになった証拠
でしょうか? 熊本では川上選手の事もあり、ジャイアンツのファンも多いのですが

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

占い
占い・・ですが音楽のカテゴリーにしました。
直接探したのでは無いのですが、占いのページがあったので書いておきます。
作曲家占い これで飛べるのかな?私はドボルザーク95% でした
曲は嫌いじゃないけど・・・あっちの・・ほら・・あの人・・・カルメンの・・そうそぅ、ギゼーが好きです。
昔フルートをやっていた頃 「アルルの女」 のメヌエットを途中まで一生懸命に練習しました。

ビバルディと言えばすぐに “四季” というくらいに有名ですが私は ヴァイオリン協奏曲 『調和の幻想』 作品3 第6番 イ短調 の方が好きですね。

テーマ:どうでもいいこと - ジャンル:日記

オルガンの修理/完結編
私のオルガンは “半死” の状態ですが、前回の修理の締めくくりとして書いておきます。

 ドローバーを3本も引き出したら “フルオルガン” の音になってしまう症状からして どこかでアースラインが浮いている と判断したのですが中々その場所が見つかりません。
 音源基板から音源基板1回り込んでいるのでは??と考え、音源基板を取り外し 全ての半田付けをやり直しましたが直りません。
 ただ、ICの都合で回路が+アースになっているのを忘れてオシロスコープで電圧波形をチェックしたらドローバーの動きを無視するような動きを発見しました。
 喜んだ私はドローバー信号増強基板のアース側を徹底的にチェックします。基板の周囲では何も異常はありません。次は基板から出たアースの電線を手繰っていきます。
 有りました有りました。アースを1点アースにするために全てのアースが集まっているところがあります。そこへ接続するのに “ファストン端子” というものを使ってあったのですが、それのスプリング部が薬品(多分ペースト)で侵され私が触った時に “ぽろっ” と落ちてしまったのです。
 新しいファストン端子を持ってきて繋ぎ変え。今度は・・・お~!今度は立派にドローバーが機能しているではありませんか (^-^)v

 バラバラになっていた配線を元に戻し、オルガンを元通りに組み立ててテスト。これで気分良く練習することが出来ます。

 めでたしめでたし・・・・とは言うものの・・音源LSI をどうにかしないと
展示会
今日は商工会議所主催の展示会に行ってきました。
入り口の様子は
1
こんな感じです。

中には宝飾関係も展示してあります。
荒尾産のだいやもんどなど有る筈もありませんが荒尾にもこんなお店があるんだな~?と妙な感激です。

2

変り種としてはこんなもの。

3

本来は化学反応に使う装置なのですが・・・今回、中には金魚が入っています。(見えるかな?)
金魚さん、良いポーズは取ってくれませんでした。
建物の中にも展示室があり、通常では見られらい物が展示して有りました。

来年はわが社の製品を・・・・ (^-^)v

行列
今日のリハビリ散歩、昨日の雨でぬかるんでいるところが何箇所かあります真ん中の盛り上がったところに草が生えていてそれの上を歩きます。川端の道は何とかOKでした。途中増水して狭くなった川の中の石に上ってカメさんが甲羅干し。

次は元小学校の横を通り抜け、山?の方へ上がって行きます。今日も湿度が高く、遠くはもやっています。カメラは持ってこなくて良かったです。こちらは簡易舗装がしてあり、苦も無く歩くことが出来ました。

途中、簡易舗装に新しいひび割れが?・・と思いながら近づくとなにやらそのひび割れが微妙に動いています。よくよく見ると1mmくらいの小さなアリンコさんたちがそれはそれは数えられないくらいの数で行列を作っていました。

そっと・・・踏まないように
音が出ない!
リハビリを兼ねてオルガンの練習モドキをやっていたのですが・・・・。
今日オルガンのスイッチを入れて楽譜になぞらって弾いていくと・・・Gの音が出ません。エッ!他の音は出るのに (謎?) 色々チェックしていくとドローバー9本分が全部鳴りません。

あわてて上蓋を外し、上鍵盤を持ち上げて音源基板が見えるようにしました。そうしてGとC♯の音源LS I を入れ替えてみます。ガーン! 症状が移動しました。今度はC♯の音が出ません。確実に音源LS I が機能しなくなったようです。一度予備のために一個欲しいと思ったときにメーカーに問い合わせたのですが 「もうとっくの昔に在庫は無くなっています」 と聞いていたので・・・どうしよう?

いくらリハビリとは言っても間違いながらも弾いている曲の途中で音が出ないと気分が悪いです。どなたかお持ちの方、分けていただけませんか? 音量が少しおかしいな?と思う所がもう一箇所有るので予備を含めたら3個が必要になります。

友人のSさん、「エレクトーン あげるよ!」 (25年ほど昔のヤツ) と言ってもらっているんですが・・・ハモンドの方がいいし・・・この際贅沢は言ってられないかも?