日々つれづれ
ジャンルに関わり無く過去にあったことや最近思うことなどを徒然に綴ってみたいと思います。
プロフィール

Nさん

Author:Nさん
熊本県の北のほうに住む♪60歳を越えてしまったNさんといいます。音楽が好きでクラシックギターをやっていましたが、今はハモンドオルガンに凝っています。
同じ趣味をお持ちの方、老若男女を問わずよろしくお願いします



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



FC2カウンター



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作文の難しさ
ココ最近特許出願の文章を書いています。やっと取り掛かれたかと思って数行文を書きます、でも文章を書くのが苦手な私には結構な苦労です。二・三行書いて読み返すとなんだか同じような事を言葉を変えて書き、重複しています。
そんなこんなで添削すると五行ほどの文が三行ほどに縮んでしまいます。
また、文の初めのころの内容と後のほうの文の内容との整合性が・・・「あれ」 だとか 「これ」「それ」 は何処にかかるのですか?・・・ う~ん、むつかしい。簡単なものの説明ですがもっと時間がかかりそうです。

ブログの更新が・・・ 頭を抱える毎日の私です。

スポンサーサイト
梅雨の晴れ間?
今日は朝から雨も降らず、かと言って晴れでもなく・・・って つまり、曇りですね。

ここ数日雨が続いていたので洗濯物が乾かずに奥さんがイライラ
二日ほど前には奥さんがヒステリー前の状況になってきたので怖くなった私はついに “簡易乾燥機” を起動しました。とは言っても灯油ストーブに火をつけただけです。
このストーブはココへ引っ越してきたときからもう既にありました。1月の寒い時だったので灯油の残量を見るとまだ入っている様子。喜んで火をつけて暖かい一日を過ごしました。
一夜が明けて火を点けようとしたらツマミを回しても動きません。力いっぱい動かしてやっと点火です。古いやつだからかな~?と思っていたのですがツマミの重さは使うごとに重たくなります。
ひょっとして!と思い、玄関の横に置いてある灯油?の入ったポリ缶を見ると中身が黄色実を帯びています。ストーブのタンクを取り出し、灯油を少しコンクリートの上に出してみると落ちてくる灯油がやっぱり少し黄色実を帯て居ます。これが原因でした。古い灯油の中の不純物が燃やすたびに芯にくっついてしまい、操作が固く、やりにくくなっていたものです。

それからは新しく買ってきた灯油と入れ替え、空焚きを何度も繰り返して何とか使えるようにはなっていたのですが或る時ついに芯が下がらなくなってしまいました。寒い日はお風呂に入るくらいの時間に火をつけたままタンクを抜き、空焚き状態にします。火が小さくなってから就寝です。

そんな状態のストーブ、久しぶりに点火したのはいいのですが洗濯物も乾き、どうやって消そうか???空焚きを始めてから火が消えてしまうまでには二時間ほどかかります。
いろいろ考えていたらいい事を思いつきました。そうです、ストーブには “耐震消化装置” というものが取り付けてあるのです。ストーブの両側を持って素早く揺すると案の定 “ガチャン!” と言う音とともに消火装置が働き、火は立派に消えました。

本当はちゃんとしたストーブを買えばよかったのですが間近な引越しの事を考えると荷物は少しでも増やしたくないのです。

“浴室乾燥機” をお持ちの方はそろそろ大活躍の時期ですね
洗濯物は立派に乾きましたが・ストーブの件・・・ 皆さんは決して真似しないで下さい
お~! 外には日差しが・・・・・。今年も入梅宣言が有ると晴れの日が続くのかな?
ウサギは?
我が家のペットは “うさぎ” さんです。
二匹いたのですが片方は去年の暮れにお月様へ帰ってしまいました。残っているのは “すもも” さん。
ウサギはなかなかなついてくれ無いのですがなついてくれると可愛いものです。
表情は顔には出ないのですが耳の角度と目の形で多少は読み取る事ができます。
少し離れたところに鎮座してじっとこちらの様子を伺っていたり、ご飯が欲しい時だけ人間の周りをぐるぐると回ったり・・・ 結構わがままです。
みみ2 みみ1

左の写真は安心してゆったりしている時。右の写真はちょっとだけ警戒している時です。
近くでカラスが鳴いたり、野良猫の気配がしたりすると耳はもっとしゃんと立ちます。

ウサギは基本的に鳴かないのですが、身に危険を感じた時は鳴きますよ。
うちの子どもたちが外に連れて行こうとして初めてリードをつけたときは “ピーピー” と鳴いていました。
あと、感情を表す時は “ぶーぶー”。 この “ぶーぶー” の具合でご機嫌が分かります。

お月様と
昨夜空を見るとお月様とビーナスが写真のような状態です。
衝 (クリックで大きくなります)

前の晩はビーナスだけしか見えなかったのに一日で素敵なデートが見れました。
早速カメラを三脚にセットして庭へ繰り出します。

う~ん・・・・・ お月様とビーナス、何を話したのかな?

それにしてもお月様は結構明るいんですね、月に露光をあわせるとビーナスがかすみます。
逆にビーナスに合わせると月が太ります。むつかしい (-_-)

手持ちのデジカメはレンズ交換はできないけど、せめて400mmくらいの望遠レンズが欲しいです。
それとレリーズ
ビーナス
昨日の夕方遅く、西の空を見ると写真のようなお星様!
宵の明星、ビーナスです。
ビーナス 写真はクリックすると大きくなります

うすい曇の層を突き破ってビーナスの輝きが視界に飛び込んできます。

私の持っているカメラで撮れるかな? ちょっと疑問でしたがナントカ撮れました
でも、輝きの感じが写し撮れません。それはまた頑張ってみましょう 

ビーナスといえば・・・ 関係無いのですが、ホルストの “惑星” を聴いてみたくなりました。
レコードなら従兄弟が持っているのですが、所在は横浜。

CDを買おうかな?

ビーナスが撮れたら他の星も撮れるはず、昔の虫が目を覚ましそうです。
私はしし座、 もうそろそろ観ることが出来ませんが 星座を探そう!


本物を
数少ない音楽番組のうち土曜日の楽しみである “ミュージックフェア” を観ました。
バックバンドの楽器が気になります。

アンプの一つがなんだかおかしい!? 良く見るとベースアンプのヘッドは乗っているけど中身が無い。カメラアングル次第では向こうが見えます。
いくらなんでもこれは・・手の抜きすぎでしょう

最近はこのような番組でバックバンドが無性に気になる私です。

オークション
下の写真の電子ピアノ、オークションに参加して投票していたのですが昨夜のうちに終了のはず・・・ですが、今朝の結果メールを見て愕然としました。ナンと¥10-差で二位。落札にはなりませんでした。

故障しているものなのでそうそう参加者も居ないだろうと思っていたのがそもそもの間違い。修理に自信のある人も居るだろうし、なんと言っても修理して再度オークションにかける業者も居るはず?

ぎりぎりの時間まで見ていれば良かったのですがやっぱり五百円では無理だった様です。
次の品物を探そう・・・とは言っても引越しも間近、つぎは引越しが終了してからですね。

オークションのピアノ
ヤフーのオークションを見ていたら写真のような電子ピアノが格安で出ていました
ぴあの

ただ、鍵盤を操作すると “バリばり” という雑音が出るそうです。
それくらいなら?修理できるかも・・・・ ただ、金沢からの送料が問題です。

現在問い合わせ中

夏が近く感じます
まだ梅雨も来ていないというのに庭の片隅にある泉水を見たら写真のような光景が・・・
とんぼ2

羽化したばっかりのトンボが二匹。体の模様からするとヤンマ? 鬼ヤンマになると体の長さが15cm以上ですがこれはそんなに大きくありません、普通のヤンマかな?

フェンスの近くを見るとびっくり、ココにもトンボです。
とんぼ1 ちょっと手ぶれしてしまいました。

夕方には居なくなっていました。小学生時代の夏休みを思い出します。

荒尾でネ~?!
今回の万田抗での催し物、私としてはびっくり物でした。以前から時々ですが市役所の関係者を見つけては○○をやったらどうですか?なんて提案してきていたのですが一度も 「検討してみます」 と言うような前向きの返事は聞いた事がありませんでした。ところが万田坑が世界遺産候補リストに入ったことで結構な力の入れようです。

世界遺産のほうはどうなるか分かりませんがこのような催し物、今後も続けてもらいたいですね。
今までは出来るなら “責任” と言う形の尻拭いはしたくないはずの荒尾市の面々、言いだしっぺは誰だか分かりませんが “良くぞ思い切ってくださいました” の思いでいっぱいです。

荒尾も捨てたものじゃないな。二回目、三回目がどうなるか・・・ 楽しみです。
一時帰郷
一時帰郷の荒尾から諫早へ帰ってきました。(どちらが “帰った” ことになるのか?)

荒尾へ帰った日の夜は早速らいぶを聴きにお土産を持って、とある “すたー気分” へ・・・
お土産を手渡した “お嬢様方” には喜んでいただけた様子で持ってきた甲斐が有りました。

今回で荒尾へ帰っても早々自由な時間は取れない様子なのでライブを聴きに行くのは最後になるようです。次に帰るのは岐阜へ引っ越す準備をするときでしょう。あと、1~2回?

ピアノの先生とフルートの生徒さんに “ピアノをやります” と宣言してきました。インターネットのオークションで修理のできそうな音の出ないデジタルピアノを買って修理して練習用に使う予定です。新品で買っても良いのですが私の最終目的はハモンドオルガンです。費用はそちらへ回したいし、やたらと良いものを買うと後で無駄になってしまいます。

翌々日はフルートの生徒さんのオカリナ演奏を聴き方々楽譜を渡しに行ってきました。
ギターとのコラボが増えそうなのでギター譜を渡したのですがキーはほぼCだしこれだったらフルートでもそんなに苦労しなくてもいいかな?と・・・。ピアノ譜はお持ちの様子でしたがギターしかやった事の無い人には低音部譜表のついた楽譜はなかなか読みづらいものです。(私がそうでした)

会話の中で夜に D-K掛け軸 なるものが催されると聞いたのでさっそく奥さんを伴って観に行きました
壁や炭鉱の櫓、すべてに映像が映し出されています。なんともいえない不思議な気持ちになります、自分の内面が沸きあがってくるような・・・ 凸凹のある建造物の壁に投影されると建造物の造りで独特の立体感が醸し出されます。

この日は以前やっていた散歩のコースを “フルコース” で回ってきました。途中川の中にある流木にはカメさんが鈴なりです。それを見ているとなんとなく嬉しくなりまます。この風情も数年は見納めです。

“ピアノをやります” と宣言したので次回会うまでには何等かの結果を身に付けておかなくっちゃ
フルートの生徒さんからは “オカリナ” のペンダントを戴きました。
ありがとうございました、我が奥様が喜んでいます。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。