日々つれづれ
ジャンルに関わり無く過去にあったことや最近思うことなどを徒然に綴ってみたいと思います。
プロフィール

Nさん

Author:Nさん
熊本県の北のほうに住む♪60歳を越えてしまったNさんといいます。音楽が好きでクラシックギターをやっていましたが、今はハモンドオルガンに凝っています。
同じ趣味をお持ちの方、老若男女を問わずよろしくお願いします



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



FC2カウンター



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



放置?
漢字ドリルをやっていたらいつの間にか日にちが経っていました。これも放置?

先日、私の仕事場 (遊び場?) の戸が重たく、開け閉めが出来にくい (たまには出来ない)
のを見かねた友人が修理してくれました。私本人もそうでしたが 修理してくれた友人も
簡単に出来るだろう?! との判断で掛かってくれたのですがこれがどっこい、なかなかのものでした。

戸を外して様子を見て・・ 部品を買ってきて・・ 結局一日がかりで完了です。
おかげさまで入り口の戸は新品のときのようにするすると動くようになりました。
いい友達を持って幸せです。

デ・ その中にあるものといえば、主なものは楽器 (オルガン)。それとバンドの全体練習のときに持ち運ぶためのキーボード一式。それにA3までの複合コピーがあって・・。その他には得体の知れないダンボールの箱がちらほら。
もう “倉庫” と言うか 雑然とした物置き 状態です。

先日も楽団のSさんが楽譜を受け取りに来られたのですが さぞやびっくりされたでしょう。
ゴメンナサイ。何とかしたいのですが物を片付ける場所がありません。

少しずつ片付けて何とかしたいのですが、まずは物を置く倉庫から作る必要があります。それから必要なものだけを持ってくるようにしないと・・ とは言うものの今でも最初はそんな感じだったんですけどね~!

もう一度掃除が出来るところまで片付けましょう。
忘却とは??
娘が本屋さんに寄ったついでに写真のような本を買ってくれていました。

漢字テキスト

常用漢字だけの内容だそうですが・・・

「お父さんやれる~?」 の言葉に挑発されて 「そのくらい!」 と、勇んで挑戦してみたのですが
大変な結果が待っていました。

いつもはパソコンで “変換!” とやるだけで思った漢字が出てきます。
そんな・・ 簡単なつもりで挑戦したのですが・・・ 自分でもあきれてしまう結果でした。

最初の数ページは順調に進みましたが5ページも進むと・・えっ?“読めるのに書けない”
「ここ、あの字だよね」 分かっているのに出てこないんです。ページが進むにつれてだんだんと
そういう字が増えてきます。読み取りのページはほぼ百点。

これじゃあいけない・・・ と思いながら最初のほうを見ると漢字が浮かんできます。
すぐに書けないと意味がないでしょ!

せめてこの本くらい、百点は取れなくても・・・ 漢字の書き取りのやり直しです。
外で恥をかかないためにも。。。

交通事故
ブンが我が家に来てから四ヶ月が経ちました。
私に激慣れしたブン。そろそろ外に連れ出しても良いかな?なんて思い、私の肩に乗せておそるおそる外へ出たのですがいつもと変わりません。しばらく外でブンと戯れていたのですが、あまり長い時間もいけないだろうと中へ入ります。

暫くしたら電話が。。。奥さんへ言伝で済む事だったので奥さんの居る裏のほうへ行く前にブンをケージに入れようとしますがなかなか入りません。まいっか?と思った私はブンを肩に乗せて裏手のほうへ行きます。でも、途中・四・五歩歩いたところで大き目の車の音がしました。びっくりしたであろうブンが飛び発って今来たほうへ行きます。

あっと思ってブンを追いかけたのですがもう遅かったのです。
動くほうの羽をパタパタと・・ 骨折だけかと思ったのですが、暫くしたら動かなくなりました。

あっけない最期。
ごめんね、ブン。ブンの咬み痕のついた楽譜が残っています。
新しい曲
昨日の日曜日、バンドの全体練習がありました。
お盆を控えての全体練習でしたので出席者が少なく、過去最低の人数です。

12月の一周年記念のコンサートに向けてのお話と新しい曲が紹介されます。
その中で、“オープニングに使おう!” と言う事になった曲。“パッヘルベルのカノン” 早速
初見ですが練習に入ります。

私はというと何やら初っ端にメロディーらしいものを弾くことになりましたが・・・・
弾き始めてちょっとしたら目が白黒、楽譜も白黒。なんだか下のほうまで音符が降りていきます。
エッと~・・? と考えているうちに置いてけぼり。

楽譜がグロッケンのパートでした。以前ギターを弾いていた頃は下第三線の下の “ミ” まで
読んでいたはずなのですが・・・ オハズカシイ、読み取るのに時間が掛かります。
初見なんてまだまだ。でも、少しはいけたカモ?

今では下第二線の “ラ” までは抵抗なく読み取れますが それから下の音は “ヘ音記号” の
世界になってしまっています。
“ミ” から下のほうはもう “未知の世界?” イャ、読み慣れないといけないですね。
E♭の楽譜なので今までの曲で慣れていたのでコード採りだけはなんとかその場で出来ました。
ただ、移調したら調次第ではアウトです。まだまだですね。

練習中に出た話で・・えっと・・・・あの曲、う~ん・・ト・・ほら、あれ。楽譜を見よう。

ありました。“星に願いを” です。“この曲の歌詞が分かるとイイな!” との事でした。
ディズニー映画の音楽の楽譜本を持っているのですが確かこれの中にあったのでは?でもピアノ譜なので
歌詞が、それも日本語で書いてあったか定かではなかったのですが、ちゃんと歌詞が日本語で書いて
ありました。“ピノキオ” の中の曲なんですね。

ひとつお役に立てそうです。

ぶんぶんちくり
我が家のペット2号のブン、もうすっかり家族になっています。
でも、なぜか私以外の家族が指を差し出したりすると “びーびー” 鳴いて攻撃します。
飼育責任者の奥さんが水を替えようとして手を出してもびーびー。そんな時は私の手の上に載せて作業を進めます。
bunbin2 手の上でポーズ

私の手の上に居るときはおとなしい・・ はずなのですが、手だとか足にあるほくろや小さなイボを見つけると “目にも留まらぬ速さ” でそこへ行き、 “かぷっ” と噛み付きます。

小さなくちばしの先っちょで噛み付くのでこれが痛い! ブンが何かを見つけたようなそぶりを見せると “ゾクッ” としてほくろのあるところを隠します。

肩のところに止まったら要注意、耳たぶ、首のしわに “がぶっ” ときます。
そのほかには肘の内側などの “曲がりしわ” のある所も要注意。噛み付いたら力いっぱい引っ張ります。まるでワニが獲物に噛み付いたときのようにひねりを加えて・・・。イタイ・・・。頭を叩いたら反抗するし。そんな時は自室謹慎が待っています。

よくよく見ると顔中くちばし・・・怪獣?

そんなブンも私がオルガンを弾き始めると鍵盤に乗ってきて一緒に弾いているつもりなのか鍵盤にやきもちを焼いているのか? 定かではありませんが手の下にもぐったりして練習は出来ません。
もうちょっと言う事を聞いてくれたら良いのにですね~?

大変な事に
先日のシティーモールでの演奏が終わってから昨日、久しぶりに大きいほうのオルガンを弾きました。
とりあえず 暗譜しているはずの曲を4曲おさらいです。

ところがどっこい。出だしは良いのですが、曲の途中で引っかかります。なに?と思い、再度やり直し。
でも、同じところで引っかかります。というか、思い出さないのです。ちょっとがっかりして楽譜を取り出し、それを見ながら音だしをします。

それでも同じところで引っかかります。どうやら指が思うに任せない様子。その事に気を使いながら再度トライ。
原因が分かりました。指変えの時にもたつく事と楽譜を見ながら手元を見ずにやると指を広げたときに必要以上に広がっています。

ここ数ヶ月はバンド演奏の練習を主体にしてコードばかりやってきたのが祟ったようです。なにせ知っていたコードは数少なくて、新しく覚えるコードがたくさん有ったものでそれらを思い出したり、覚える事で一生懸命でした。

コードを押さえながら指替えなんて事はほとんど無い事ですので指の調子?がおかしくなっていたようです。また最初っから指慣らしですね。
でも、コードも大方必要であろう物は覚えたし、後はそれの展開と新しいコードが出てきたら追加で覚えれば事足ります。だいぶ楽になりました。

指が必要以上に広がるのはリハビリが進んだ事の証明で、うれしいことです。
この状態が寒くなっても続きますように!!

いま、“ジャズコード” に興味があり、いろいろと調べているのですが通常のコードに考え方がプラスされているようです。なかなか理解できませんがこれが出来るようになると同じ曲でも “カッコイイ” 演奏になる事間違いなし?のんびり、じっくりやっていきましょう。
演奏(会)
今日は荒尾のシティモールで演奏して来ました。演奏会・と言うとちょっと・・・かしこまった感じなのでカッコ付です。荒炎際も同時開催なので駐車場のことを考えて少し早めに出発です。

ついてみるともう先に到着しているメンバーが一人・・・。早いね!と声を掛けるとなんでも一時間間違えていたそうで、おとなしく待っていたそうです。

入り口が開くのは十時。。。心配していた駐車場も意外と空いていて、もっと遅くても良かったかな?
そうこうしているうちにメンバーも集まってきます。

入り口も開いて団長さんにお願いしていたキーボードスタンドをお借りして機材を組み立てます。
ギターのHさんが来ました。例の “レットイットビー” の楽譜を受け取ります。よく見るとそんなに難しいコードではありませんが、問題は手が動くかです。

ごちゃごちゃしているうちに時間が来ます。私はちょっと時間をいただいてトイレへ。準備完了です。

ステージとなった吹き抜けの場所は反響も良く、楽器の音が良く響きます。気をつけないと自分の音を見失いそうです。
“レットイットビー”、初見ですがなんとか演奏する事が出来ました。それよりも練習のときから苦手だった曲で “ここは何処?” 状態になります。やっと流れを掴んだかと思うと8小節違うところだったりして散々でした。

レパートリーとしてまた取り上げられた時のために自宅練習です。
レパートリーとして曲は古く・・・ 言い訳ですが今までトライアングルでやっていた曲で、オルガンではまだ数回しか練習してない曲なので戸惑いました。練習、大事ですね。

ファーストステージが終わってからは楽しいお弁当の時間。荒炎際との事もあって食事所が満員になる事を予想して弁当を持っていきました。団長さん、副団長さんも含めお弁当を買ってこられ、控え室に円座となり、、五人でお食事です。
副団長さんから “おかずはいかが?” と 勧められたのですが私はというと奥さんが作ってくれた大き目を通り越した大きなおにぎりを三個も食べた後でしたのでもう入りません。副団長さん、ゴメンナサイ。

さて、二時からはセカンドステージです。
同じ場所で別なイベントがあったので再度組み立て・て・・音出し・・・・ と・と音が出ません。再度チェックしても配線に異常なし。焦りながらゴソゴソやっているうちに音が出始め、ほっとしました。
これは “要チェック” です。

演奏は、というとなんということでしょう。とある曲で出だしを間違ってしまい、一人だけフライングです。団長さんゴメンナサイ。一旦間違えるとその先、変なところでも間違えるんですね。その曲は散々。

ファーストステージではまばらだったギャラリーもセカンドステージでは結構な人数になりました。

最後には嬉しい事に “アンコール” の声も飛び出したのですが、まだまだレパートリーの少ない楽団。アンコール曲なんて準備していません (できません) 。団長さんの機転でやった曲の中からリクエストと言う事で難を逃れます。

演奏(会)が終わってから機材を片付け、ベンチに座っていろいろと話をしていると “車への積み込み、手伝いますよ” と声を掛けていただきましたのでありがたく手伝っていただきました。
ただ、心残りは “打ち上げをやろうか!” なんて話が出ていたのですが 荷物を車に積み込み終わったら手伝っていただいた方が “じゃ、お疲れ様でした” と声を掛けていただき、その言葉で私も帰る気になってしまい、 “皆さんに宜しく” との言葉を残して走り始めました。

5分ほど走ったところで “なんで帰っているんだ?” 打ち上げの話に加わりたかったのに・・・
ま・いっか?!

嬉しい事がひとつ。
左手でなんとなく鍵盤を押さえてみたらオクターブを無理なく押さえる事が出来ました。これから左手も使えそうです。

私の重たい機材運びを手伝っていただいた皆さん、ありがとうございました。

八月になりました
四日のシティーモールでの演奏が間近です。
楽器をトライアングルから持ち変えて、今回はオルガンでの参加ですが以前やっていた曲はコードの無いものがあったり、楽譜そのものが無かったりでちょっと苦労しましたが、ギターのHさんのおかげで楽譜も少しずつそろってきています。

そんな中、四日に演奏する曲目の中で “レット・イット・ビー” と “明日があるさ” だけがまだコード譜がありませんでした。レットイットビーはHさんがコードを書いてくれるそうですが “明日があるさ” はどうしようか? (実は後から気がつきました)

“無いものは自分で作る” 精神の持ち主の私は早速昨日の昼からコード採りの開始です。あまり慣れていないので夕方まで掛かったのですが、なんとかコードを取ることが出来ました。
メロ譜も何も無かったので練習用にと録音していたものが役に立ちます。

何度も何度も聴き直しです。でも、まぁなんとか採れたので早速練習です。コードを採っていたときはひとつコードだけを追いかければよかったのですが、練習に入ったらコードが流れないといけません。
なかなか “立て板に水” とは行きません。まるで “立て板に水あめ” 状態が続きます。が、淀みが時々ありますが何とか流れるようになりました。四日までには何とかなるでしょう?

後はレットイットビー。Hさん、どんなコードを使ってくるのでしょう? でも、文字通り まったくの初見になります (当日受け取りの予定)。コード次第ではやっぱりトライアングルです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最近、少し自分が変わってきているような気がします。

と言うのも
何かをさせていただいた時に周りから “ありがとう” と言われるととても嬉しくなります。
以前は自分としては当たり前のことをしたのに “ありがとう” なんて言われると恥ずかしさもあって逆に “フンッ” という感じだったのが素直に喜べるようになりました。そんな自分にまた喜んでいる私です。
嬉しい事があるとやっぱり嬉しいですね。