日々つれづれ
ジャンルに関わり無く過去にあったことや最近思うことなどを徒然に綴ってみたいと思います。
プロフィール

Nさん

Author:Nさん
熊本県の北のほうに住む♪60歳を越えてしまったNさんといいます。音楽が好きでクラシックギターをやっていましたが、今はハモンドオルガンに凝っています。
同じ趣味をお持ちの方、老若男女を問わずよろしくお願いします



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



FC2カウンター



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少しだけ
昨日の日曜日、久々に文化センターでバンドの全体練習が有りました。
その時に気が付いた事ですが・・・

キーボードでコードを刻む時に指をコードのパターンにして鍵盤を押さえるのですが 同じコードが長く続く時、今まではだんだんと指の間隔が狭くなってきて違うコードを押さえたりしていました。特に鍵盤から指が離れると顕著にその現象が出ます。

そんなはずの指が昨日の練習の時には様子が違っていたのです。鍵盤から指を離さずに弾いていてもだんだんと横の鍵盤に指が触るようになっていたのが・・ その横の鍵盤に指が当たる感覚が無いのです。
“えっ?” と思って試しに指を鍵盤から離して弾いてみるとちゃんとコードが弾けるではありませんか! これはすごい。

どういう具合にすごいかと言うと連続した同じコードをスタッカートで弾く時にものすごくタイミングが取りやすいのです。それに本当のスタッカート?のように音を短く出来ます。

この調子なら春、暖かくなればもっと調子も上がってくるでしょう。指が正確になるとメロディーも弾けそうな気もします。(ここ、団長さんには内緒! まだ初見が出来ません)

少し暖かい日が続くようになって来ました。でも、まだまだですね。
私がパソコンを置いている部屋は外気温+3~4度。朝早くは5度を切る日も珍しくありません。それに今は職業訓練校に通っています。帰ってくるのは夕方でいろいろ事情もあり、練習できるのは夜になります。

夜は・・・ 自慢じゃありませんが私の部屋は寒いのです。寒さのためにブログの更新も出来ず、何よりもオルガンの練習が出来ませんでした。(団長さんゴメンナサイ)毎回の全体練習も殆んど自宅練習無しでの参加です。
これから暖かくなってくると練習量も上がってくるでしょう、それまでもう暫くの辛抱です。

それにしても新しい曲が10曲?もっとあったかな? 私にとっては拷問に近いものが・・・ イェ、拷問です。
使っているキーボードの癖にも慣れてきました。昨日は使っているキーボードに使えそうな足踏みボリウムも安価にて落札。これが有ると曲想に合わせて音量を加減できます。何よりも使っているオルガン音源を音のきれいな範囲で使うことが出来ます。到着するのが待ち遠しいです。

スポンサーサイト
いろいろ
九日の土曜日、バンドのパート練習という事で行ってきました。
パーカッションパートも少しずつ人数が増えてきたのでそろそろお互いの持ち楽器と何をやるかを確認しようと思いプチ会議をやろうと思っていたのでメモ用紙と筆記具。それと元々ケースに入っているトライアングルを持って・・・。

会場に着いてドアを開けたらなんだか “遅刻感” がいっぱいです。そうなんです、もう既に15人くらいのメンバーが集まって練習の真っ最中。これじゃあパート練習じゃなくていつもの練習と同じです。団長さんの話ではなんでも会場を一時間早く借りる事が出来たので早めに始めましたとのことでした。そんなメール、来たかナ?・・・ マ、いいや という事で早速参加します。

いつもはなかなか出来ないので全体の音のバランスなどをチェックしました。チューニングは別として、いいんじゃないでしょうか?
当初の目的はというと、この雰囲気じゃあ別に円陣を組むわけにも行かず みんなの持っている楽器をリストアップしてもらい、まとめたものを元に後日話をすることにして半分ほど達成する事が出来ました。
演奏する曲次第で使う楽器が違ってくるのでそれらの配分も考えないといけません。今回は楽器を持っていかなかった分 皆さんの演奏をじっくりと聴き、各曲のイメージを心に焼き付けてきました。

デ・新曲の追加です。今年になってから行くたびに新しい曲が追加になります。先日も合計五曲有りましたのでこれで6・7曲?。もう数え切れません。
マ・何とかなるでしょう

びっくり
我が家は同じ土地の上ですが母屋と離れが在ります。お風呂は離れの方に有るので沸かすときはいちいち火をつけに行かないといけません。昨夜も食事の後火を点けに行ったのですが入り口の戸を開けて中に入ると薄暗い中をなにやらさっと動く気配がしました。
猫でも入ったかな?と思い、明かりをつけてそちらの方へ行くとなにやら黒っぽい灰色の物体が動いています。え゛っ・・・ よくよく見るとそこには “タヌキ” が居るではありませんか?? 我が家にタヌキ?・・ 暫く面食らっているとそういえばこの近所にタヌキが居るのを思い出しました。

そのタヌキ、体の毛は半分ほど抜けていてかなりみすぼらしい様相を呈しています。そのまま居てもらっても困りますので物差しを使って追い出しにかかりますが結構人馴れしていて怖がる様子もなく物差しが当たった時だけ移動します。
入り口近くの板の間まで誘導 (追い出すというよりも誘導に近かったです) すると顎を床につけてなにやら “ぷーぷー” 鳴いています。威嚇している様子でもなく、もしかしたらゴメンナサイといっていたのかもしれません。お腹がすいているのかな?とも考えましたがこちらの離れの方には食べ物は何にもありません。
追い出しもあっちへ追えば行き過ぎてこっちへ追えばまた行き過ぎて・・・とタヌキと “いたちごっこ” をすることになってしまったので奥さんに来てもらい、二人がかりでやっと追い出す事が出来ました。

でも、何処から入ったんでしょうね???

ついに来ました
何がって? いや、先日練習の時にA君から借りる事になったサキソホンです。

aa

ケースの蓋を開けてみるとぴかぴかのアルトサックスです。早速手にとっていろいろと弄り回したのですが 意外と操作するところが多いのでびっくりしました。
右手は下の “ド” の音を出す時には枠外?とも思えるキーを操作します。左手に関しては小指もだいぶ活躍するらしく、なにやらゴチャゴチャと付いています。こりゃぁリハビリも大変だぞ?!

入っていたケースを見ると どうやらホコリまみれのとこに置いてあったらしく (A君ごめんなさい) あちこちに土ホコリが染み付いています。それと どこかに変形があるらしく、写真のようにケースの噛みあわせが良くありません。取りあえずできる事と言ったらケースの修理、調整でしょうか? ウン、それが妥当に思えます。

bb

興味深々でマウスピースも取り付けて音を出してみました。リードが硬いのかどうかは分かりませんが音の出るアンブシュアの範囲が狭い (OoO; それともド素人ですから音が出せていないのか?
なんと言っても 怨霊 音量が変化しません。こりゃ~大変だゾ・・・ でも。。。
そのうちに何とかなるでしょう アスタマニアーナ + ケセラセラ で行きましょう。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。