日々つれづれ
ジャンルに関わり無く過去にあったことや最近思うことなどを徒然に綴ってみたいと思います。
プロフィール

Nさん

Author:Nさん
熊本県の北のほうに住む♪60歳を越えてしまったNさんといいます。音楽が好きでクラシックギターをやっていましたが、今はハモンドオルガンに凝っています。
同じ趣味をお持ちの方、老若男女を問わずよろしくお願いします



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



FC2カウンター



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレーの香り
香りが行き過ぎると匂いになります。その話です。

カレーシユウ という言葉があります。
その言葉をはじめて耳にしたときに ??? 状態でした。
なんでカレーのにおいが問題になるのか・・・
テレビでやっているのをよくよく聞いたら 「加齢臭」 とのことです。

年齢がある程度行くと強くなるとの事でしたので娘に 「お父さんにも有るかな?」
と訊いたら 「あるよ!」 と元気の良い返事でした。(少々ガックリ!)
でも、体臭は人それぞれ持っているもので・・云々・・・ と言い訳です。

ただ、加齢臭は体臭とは少し違うらしく・・ そうか・・・。

暫くほったらかしていたら娘がコロンを買ってきてくれました。
お父さんは 柑橘系のにおいが好きだから と割と私好みの香りのするやつです。

私は人工の匂いが嫌いでたまには使うものの何年かは使ってなかったのですが、
楽団に入って大勢の中に入っているとヤッパリ気になります。

みんなに変なにおいで迷惑をかけてもいけないな・・・(ぼそっ)
それ以来 自分でも気にならないよう、あまり強くならない程度に身体に振りかけています。

そんな事を始めたら人様の香りに気が向くようになりました。

目の前を横切られたときに結構強めに香る人。
目の前を横切られたとき、すぐには分からずにほのかに香って 「えっつけてたんだ?」 くらいの人
 このくらいが私の好みです。

人によっては 「つけてますよ!!」 と自己主張よろしく強い・・もうここまで来ると匂いでもなく臭いです。
以前に とあるスナックで隣のテーブルから漂ってきた事もありました。洗濯バサミが欲しいくらいでした。
ご本人は “華麗臭” のつもりでしょうが・・・。

人間の鼻は同じ匂いを何度も嗅いでいるとだんだんと慣れてくるそうです。
だから香水などをいつもと同じにつけていてもだんだんと香りがしなくなる(本人だけ)

いつも使用している香水の匂いが薄くなってきたな~・と感じたらそれは匂いに慣れてきた証拠。
そんな時 自分がいつもと同じように香ると感じたら 実は相当プンプンと香っているかもしれません。

気をつけましょう

実際に体験した話です。
とある喫茶店に入って 空いている席に座ったらそこで待ち受けていたのは トイレ消臭剤 の香り。
すぐに出たかったのですが 純情な私は結局味のしないコーヒーを飲んで帰りました。
お店の人にはわからなかったのでしょうが、あそこには二度と行きません。

スポンサーサイト
暑い日が続きます
広い庭とは別に我が家の離れの裏に少しゆったりした一畝分くらいの空き地が有ります。
そこには下の写真のようなものが・・・。

P7190069.jpg

やまいも・・・・じゃなくて・・・えっと・・ そうです、サトイモ畑になっています。
でも、連日の暑さで葉もカールしてところどころ黄色くなってきています。
まさに “雨よ来い!” 状態です。

このままだと枯れてしまうでしょう。でも、奥様の仕事。私が手を出すような そんな野暮な事はしません。

この暑い中、お隣の大牟田市では “港祭り” が開催されました。
うちの楽団のパーカッションを担当してもらっているSさん所属のバンドも出演です。(写真なし!)
こりゃ~行かねば!
パーカッションパートのメンバー3人で6時からの演奏に合わせて最初は5時半に集まって行くつもりでしたが話の流れで5時に集まって途中私を拾ってもらう事にしていましたが 当日5時に私の近所に来るとの変更です。

私も5時から行動開始の予定を10分ほど繰り上げての行動開始。集合場所を出発しました。
途中同行していたGさんにSさんから電話。
ステージのセッティングをするのに3分ほどしか時間が無いので手が足らず、手伝って欲しいとのことです。

少し早く行って会場を観て回ろうと思って早めに出発していたのが功を奏しました。一つ前の幼稚園児たちの演技が終わってから早速セッティング開始です。
手伝いの私たちが機材を運び上げているうちにメンバーの方は細かいセッティングをやります。

なんとか無事にセッティングを終了しました。早速観客席へ行ってお客様然。海風が心地よく吹いています。
ステージの周囲にはテントをしつらえたお店が沢山。もう気分は夏祭り。
Sさんの素敵な歌声とメンバーの皆さんの安心して聴く事のできる安定した演奏。いいですね・・・。

ただひとつだけ。ここでもPAがヘボ。まるで選挙演説のPAです。歌とバックとのバランスがイマイチを通り越しています。MCのお姉さんの声が耳に痛い。
楽器の音も歪みます。途中キーボードでピアノの音が出ます。音を小さくしたときはピアノの音でしたが、少し音が大きくなるとまるで歪んだハープシコードのように聞こえます。

不慣れな方がやられたとは思いますが なんでミキサーボックスを観客席側に設けないんでしょうかね~?
自分で聴かないからマイク毎に音量バラバラ。

途中ハウリングさせるなんてもってのほか。ハウリングし始めてから暫くはホッタラカシです。
この件に関しては落第です。

次のステージはどこかの高校のブラスバンドのようでした。ドラムセットもあってうちの楽団と構成が似ていたので聴いていきたかったのですが車を一台万田炭鉱館の駐車場に置いたままで、ここが7時には閉鎖するとの事でしたので慌てて帰りました。ザンネン。

でも、久々に素敵なひと時でした。

進捗状況
月曜日の夕方から楽団の合同練習がありました。
中で 新しい曲 “パイレーツ オブ カリビアン” をやったのですが 私にとってまったく初めての曲です。
初見での演奏、前半は良かったのですが後半はおたまじゃくしが上へ下へと踊っています。

“ナニクソっ” と追いかけたら音は外していてもナントカその “オタマ” に追いつくでは有りませんか (OoO)!
自分でもびっくりです。
初見力 (こんな言葉、有るのかな?) 少しは付いたように思います。今では楽譜を読む力は付いてきた気がしますが それを鍵盤に反映するのにまだ時間が掛かります。まだ鍵盤になじんでいないんですね~・・・。

暫くオルガンの練習からは遠ざかっていましたが 今日あたりから再開です。
なんとか・・・ 早く・・・ せめておたまじゃくしの尻尾に喰らい付く事ができるようになりますように・・
かみさま・・・ぱんぱん・あっ

久々に取り出しました。アーチェリーの弓です。もう 何処に有るか分からない状態になっていましたが奥さんが片付けていたらしく意外とあっさりと取り出してくれました。
でも、外袋全体には綿埃がびっしり。ブラシでナントカ埃は払ったのですが袋が変な色になっています。
早速お風呂場で水責めの刑に処しています。今夜にでも洗濯です。

袋の天辺のほうはもう破けて弓が顔を出していました。(下の写真。携帯で撮ったのでぼやけています)

130715_1123~01

中身はまだしっかりしたもので十分に使えそうです。
弓の下、左のほうに弦が見えますが弓の反り方からすると弦が逆に思えます。でもこれで正解です。
弦をちゃんと張るとアーチェリー独特のカーブが仕上がります。

130715_1140~01

名前を書く代わりに
弓の右サイドに私のイニシャルを書いていました。マジックで書いたので時々補正してやらないと薄くなったり剥げたりします。何かと愛着の篭った弓です。

130715_1142~01

ただ、これを使うには弦はもう30年ほど使っていないのですぐに切れるでしょう。いまどき何処へ行けば買えるのかな? 矢は 羽が本物の雉の羽だったので管理が悪て虫のおやつになってしまったらしく、ぼろぼろでした。
矢も何本か買わなければいけません。それに指当てに 肘のガード。あ 矢立も要りますね。

弓以外は全部ではありませんか?!

練習用の的にしていた畳も小屋の中に有るはずですが、多分醸されてそのまま畑の堆肥に出来るのではないでしょうか?やるとなれば全てが最初っからです。

最近のアーチェリーの弓にはカウンターウエイトやなにやらわけの分からないものがいろいろ付いています。
でも、昔の弓はサイト (照準) が付いているだけ。シンプルなものです。

昔は荒尾にも結構なアーチェリークラブがあって 国体でもいい成績を残していたように思います。
アーチェリー場も有ったんですよ。また出来ないかな?

何でこれを取り出したのか? 弓(和弓)をやっている娘の勧めもあって、そろそろ腕のリハビリもしなくっちゃ・・・ と思い始めたところです。
ただこの弓。40ポンドと練習用では一番重たい部類で、そのまま狩猟に持っていけるほどのものです。
当分は別なもので練習でしょうか? そのほうが身体にもよさそうです。

よる年波
最近だんだんと高い音が聞こえにくくなってきました。
私が20代の頃ははっきりとさわやかな高音が聞こえていたんですが・・・。

ア、いぇ・・ 私の耳のことではなく、ヘッドホンの話です。
今からざっと40年ほど前に買ったこのヘッドホン。AT というメーカーの二番目に高いものを買ったのですが、当時としては珍しい “オープンエア” タイプのこのヘッドホン、私の大変なお気に入りでした。

低音は少々聴き難かったのですがモニター用としては十分な音量でベースのピッキングのタイミングはちゃんと分かり、楽器の分解も良く判るように聞こえていました。

でも先日家にあるラジカセの音をもっとよく聴こうと思ってヘッドホンを接続したら ガクゼン。
高音が聞こえなくなっていたのです。
寄る年波とは言いますが 人間だけではないんですね。

数日前に電気屋さんへ行く機会があったのでヘッドホンコーナーを探したらありましたありました、十種類ほどのヘッドホンが聞き比べられるようにセットしてあります。
音が出ていなかったので店員さんに頼んで音が出るようにしたもらいました。

今のヘッドホン、特にオープンエァタイプはかなり良くなっていますね~。密閉型と変わらないくらいに低音が出ています。ただ、価格も結構なものです。諭吉さんに二人ほどご登場願わないといけません。今持っているのはそれの半額程度でした。

使い慣れたオープンエァタイプが良いのか、周囲の音が聞こえない密閉型が良いのか??? 迷います。
密閉型は周囲の音が聞こえないのに加えて自分の声も聞こえにくくなるので話しかけられたときに大声で返事をするようになってしまいます。

じっくりと音楽を聴くときや周囲がうるさいときは密閉型が良いでしょうが周囲の様子も聞き取りたい・・・
贅沢な話ですが まだ迷っています。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。