日々つれづれ
ジャンルに関わり無く過去にあったことや最近思うことなどを徒然に綴ってみたいと思います。
プロフィール

Nさん

Author:Nさん
熊本県の北のほうに住む♪60歳を越えてしまったNさんといいます。音楽が好きでクラシックギターをやっていましたが、今はハモンドオルガンに凝っています。
同じ趣味をお持ちの方、老若男女を問わずよろしくお願いします



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



FC2カウンター



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かみなり様
今朝早くの雷、すごかったですね。おかげで目が覚めました。明け方というか夜半過ぎです。
雨も結構降っていました。

遠くでゴロゴロ鳴っている分は “雷さん、おなかの調子が悪いんだナ?” くらいで済むのですが近くになるとそうも言って居れません。へそを隠さなくっちゃ。

昔、雷様に関する戯れ歌を聞きました。

書こうかなどうしようかな? えぃ、書いちゃえ。ちょっとエッチな戯れ歌
エッチなのが嫌いな方は目を瞑って読んでください。

かみなりさんは 野暮なもんだよ へそばっかり狙って
私ゃ あと三寸 下ねらう

なんて。あと三寸とはもう少しの意味ですね。

スポンサーサイト
ブ~ンと来る虫
ブンと来る虫・・・ 文 と来る 虫・・・ 蚊 のことです

昨日の夜 お風呂に入ろうとして裏の家へ行ったのですが、入る前にオルガンの横に置いている椅子に座り両手をだらしなく垂らしていました。
そのうちに左手の甲に何か違和感があり見てみると小さな黒いものが二つ。
エ?と思い、手を目の先まで持ってくると蚊が2匹留まっているではありませんか (OoO;

手を顔の近くに持ってきても逃げる気配がありません。一心不乱に私の血をすっています。
こんちくしょう! と思い、ひっぱたきました。もちろん一度に二匹とも。
血が・・・ もったいない・・・・?
慌てて蚊取り線香を点けます。

朝方
うとうとと惰眠をむさぼっていると耳元でプン と蚊の羽音がしました。
そんなに長い時間でもなかったので気にせずにいたら 暫くしてまたプンと蚊の羽音です。

やられました。耳の後ろの顎の側が痒い・・・。
惰眠をむさぼるほうが先だったので蚊は追わず。でもいろいろと考えました。
蚊は産卵するために人間の血が必要だと何かで読んだ気がします。

となると私は蚊の繁殖の手伝いをしたんだな。表彰状をもらわめば・・・ などと得体の知れない事を
考えているうちに
今の血には私のDNAが! そうしたら次に生まれてくる蚊には私の遺伝子が入っているはず。
じゃあ・・・生まれて来る蚊は・・・ 私に似た 人面蚊? おぞましい事を考えてしまいました。

日本脳炎がはやりそうです。くれぐれも蚊には刺されないように・・・。

あつい!
昨日に併せて今日もまた暑いです。ここ、仕事場の部屋の気温・昼には37度でした。
パソコンでごちゃごちゃやる仕事があるのに取り掛かる気にもなりません。

暑い夏を “謳歌” するタイプの私ですが それにしてもこの室温、もう無理です謳歌出来ません。
諦めて裏の離れへ・・・ ここでまたびっくり。
前の家よりも涼しいかと思ったらこちらは38度こちらも諦めて前の家へ戻り、長年使った事の無い “クーラー” (エアコンではありません) のスイッチを入れることにしました。

コンセントを差し込んで・・・ おもむろに、スイッチON!。。。動きません。
なにしろ30年以上前のクーラーです。でも、去年は動いた気がしますが・・・ ハテ?

前の家のクーラーを諦めてまた裏の家へと行きます。こちらのクーラーは動きました。(こちらもクーラー)
でも、ちょっと小さいので38度を35度に冷やすので精一杯です。でも、湿度が幾分低くなった分
涼しく感じました。というところでオルガンの練習です。カリブの海賊さんを退治します。

使っているパソコンのファンがガンガン動きます。大丈夫かね?

演奏の日
今日(昨日)は荒尾のとある地区での納涼祭で演奏です。
行ったことの無かった地区の公民館という事ですが、場所が良く分からないのでネットの地図で住所を頼りに検索します。
ふんふん ここか! という事でしたが一度も行った事の無い場所ですので行くのに迷子になってもいけないと思い、事前に場所のチェックをします。

車で行こうかとも思いましたが今年の五月の連休以来動かした事の無いバイク (下の写真)



実は次男のバイクなんですが 仕事でハワイに行ったりエジプトに行ったりで現在は日本の相模原にいます。
月に一度くらいはバッテリーの上がり防止とチェックのために30分ほどエンジンをかけるだけでした。
エンジンの調子を伺う事を併せてこのバイクで行ってみる事にしました。

流石に何年も乗っていなかったのでスタートのときに思ったとおりのスタートが出来なかった (ちょっとモタモタ) のですが 動き出せばこっちのものです。
地図で見ていた通りに到着できました。

到着していろいろとやっておられた方とお話していたら 「うちの地区は子供が多くて、珍しい事が大好きだからセッティングの邪魔をしたり何か事故があってもいけないので一時間とはいわず、機材は昼過ぎくらいから搬入していたほうがいいですよ」 とのアドバイスです。

ナルホド と思い、その旨を団長さんと ドラムのKENちゃんに連絡します。自分はというと最初は3時くらいから搬入するつもりでしたが自分の練習時間が少なくなるので極力早く会場へ行って自分の練習をしようと思い立ち、一時半くらいから行動開始です。
公民館に機材を運び込み、とりあえずヘッドホンで練習が出来る程度に組み立てました・・・が、会場では音響の方がAsの方とチェック中です。Asの方、後で思い出したのですが 以前 楽団に来ていただいていたMさんでした。思い出せず、ゴメンナサイ。
でも、その音が大きくて私の練習は暫く “おあづけ” 二時半くらいには音響のセッティングが終わり、私も練習ができるようになりました。新しい部分と苦手な部分から始めます。

練習をしていると三時を過ぎた頃からだんだんといろんな役をやっている方々が集まり、仕事を始められました。
人が集まるにつれて私の練習場所もだんだんと手狭になります。少し後ろに下がって・・・の繰り返し。
実質一時間とちょっと練習したくらいで練習を諦めました。機材が皆さんの邪魔にならない程度にグッと下げます。でもあつい! じっとしているだけで疲れます。

そんな時に聞き覚えのある声で “N君じゃないね?” え? と思い、そちらのほうを見ると確かに見覚えのある顔がそこにあります。ちょっとシワが多くなっていますが以前うちの近所に住んでいらしたNさん。今はこの地区の会長さんだそうです。久々に思い出話の立ち話でした。

五時ちょっと前くらいから団員の皆さんがチラホラ。なんだか一安心。

N先生から私の譜面台が低いので隣り (ドラム) の譜面台の高さに合わせた方が・・ と指摘を受けます。でも、私のを上げると指揮が見えなくなってしまうのでKENちゃんに “下げられるか?” と訊いたらやっぱりダメの返事です。一計を案じました。私の譜面台をちょっと左へずらして高さを合わせます。譜面台の間から団長さんの顔が見えるようにしました。

演奏はというと・・ 結構いいんじゃなかったんでしょうか? (一人を除いて)
最近では演奏するときにはあまり手元を見なくなりました。でも・・時々タイヘンな事が起こります。鍵盤に親指を置くときにずれる (間違えるとも言う、これが結構あるんです) と必然的に残りの指もずれてしまいます。

こうなると出てくる音は異空間、別世界をさまよいます。下手に音を出して全体の音をぶっ壊すよりも必殺技の炸裂です。これが一番。
う~ん、まだまだだね。でも以前と比べるとだいぶ良くなりました。

嬉しかったのは会場からアンコールの声。
“アンコールサクラ” の声ではなく、会場の方からの声は本当に嬉しいものですね。

夜は我が楽団の打ち上げ (納涼会) でした。夕方四時過ぎ位からおなかが好き始めていた私はすきっ腹にアルコール。そりゃ~効きました。たいした量呑んだ訳でもなかったのに・・・。

せっかく車を家に置いて出直したのですが呑めない! 酒神 バッカス様に失礼な事をしてしまいました。次回からはちゃんと・・・。でも、食べるものはちゃんと食べましたよ。

迷子対策
楽団で合同練習をやっていると以前はしょっちゅう、今でも時々よりも多くの回数迷子になります。
何かの拍子に “ここは何処? わたしはだあれ?” 状態になることを迷子と呼んでいます。

というのもめくるのは大変ですが “総譜” だったらメロディーも書いてあります。全部の小節が書いてあるので追いかけやすく、今何処を演奏しているのかが良く判ります。でも、パート譜になると音を出さない “お休み” が長く続く事が少なからずあります。
こんな時、小節数を稼ぐのに記譜法としてちょっと太目の棒が2~3小節書いてあってその上に休みとなる小節数が書いてあります。

その数が曲者で、4だとか8の場合はまだましなほうです。たまには “10” だとか “9” などと書いてあってその “お休み記号” が数字違いで続いたりしたときはもう・・・ 必死で小節を追いかけないと途中でずれて行ったりします。もう、お手上げ状態です。

良く知っている曲の場合は追いかけるのを諦めて次の節目で “待ち伏せ” てそこの小節に入ったときから何食わぬ顔をして続きを演奏します。が・・・、あまりなじみの無い曲の場合は最悪です。そんな時は全部休みの振りをしてなにやらゴソゴソ。

長期にわたるお休みのとき以外でも楽譜がきちんと4小節ごとに書いてないのがほとんどですのでたまにはロスト(迷子になる)してしまいます。

最近良い事を思いつきました。もらった楽譜が1段当たり4小節だとか8小節で書いてない場合 (がほとんどです) は自分のもらった楽譜を元にして自分の楽譜を作ります。イントロや前振りを除けば大体において4小節のパターンに乗ります。4小節ごとに曲のイメージが展開していくのです。
そうしておいて部分部分に “ここからサビ” だとか “メロ2” だとか書いておきます。そうすると迷子になったときも戻りやすいのです。言わば “道路標識” です。

ちなみに、先日もらったタイケの “旧友” 1行4小節の楽譜を作ったら1ページの楽譜が4ページになってしまいました。それと、パソコンへの打ち込みが少々面倒です。

でも、これをやるようになってからは迷子になることが少なくなりました。
頭の中で覚えている曲と楽譜上の次の曲想とが合わせやすいのです。結果、 “次は~?” と考える事も無くなり演奏に集中できます。

それと長い休みのある曲で楽譜を作るまでも無いか、面倒なときはもらった楽譜の四小節ごとに自分なりの “小節線” を書き込んでおくようにしました。
これが無かったら “風になりたい” のサンバホイッスルのタイミングが毎回違っていたかもしれません。

次の曲、さぁ来い!
運動不足
先日、我が家の女性軍からお言葉を賜りました。「お父さん、運動不足だよ!」 とコーラス。
確かに三月の末からは楽団の合同練習意外ほぼ家にこもりっきりです。
そんな時にテレビで “身体が曲がっている人は内臓筋肉のアンバランス” といった内容の放送がありました。

じゃあ・・ ひとつラジオ体操でもやるか! という事で昨日は朝の放送に合わせてラジオ体操です。
じつは内臓筋肉のバランスを良くするにはラジオ体操が一番だという事もテレビで言っていました。

そこでラジオの音に合わせておぃっちに、さんし。まだまだ第二体操までできますよ (^-^)v

気分よく一日を過ごしたのですが
ただ・・・ 夜寝る前から足が少しおかしいのです。夜中の十二時を過ぎた頃に目が覚めて目が “ランラン” と
三時過ぎまで時計を見ていました。
次に目が覚めたのは四時すぎです。お、ラジオ体操をやるにはもう少し眠れるな。睡眠不足解消?のためにもう一眠りです。ところがその次に目が覚めたのは7時前 (OoO)

慌てて起きてももう遅かったのね~・・。
立とうとしたら足が・・・ ちょっとを通り越して少しおかしいのです。
昼過ぎになったら太ももが痛い。

これは一週間ほどラジオ体操をやるしかないでしょうね。

雨あがり
一昨日、すごい雨でした。あちこちで被害も出ているようです。まるで梅雨末期の様子です
今朝野原と化した我が家の庭をみると赤いものがポツン。バラが咲いています。

ばら

左上の葉っぱにピントが合って全体的に明るく写ってしまいました(だからオートは嫌い・・ぶつぶつ)

ずいぶんと前に亡くなった父が大切に育てていたものです。
手入れをちゃんとするときれいな花を沢山付けてくれますが・・この状態じゃあネ・・・。
ちゃんと育ったときのこのバラの色は深紅・・ 黒くさえ見える深~い赤になります。大好きな色です。

バラの写真、あまり気に入らなかったので撮りなおしました。
だいぶ見た目に近づきました。

ばら2

身体もだいぶ良くなってきた事だし、少し手入れしてみようかな?
・・・ バラの事は良く知らないけど・・・ どうやればいいのだらう??

補足
楽団の演奏を聴いた娘からの感想。
ちょっと厳しい感想ですので書こうかどうか迷いましたが一応書いておきます。

私も感じていたのですが各楽器の音出しのタイミングと特に各音符の終了部のタイミングが不ぞろいだということです。これが揃えば格段に楽団のレベルが上がって聴こえるだろうとのたまいました。

MIDIで音楽を入力するときは各音符の出だしは機械がやるので揃うはずですがこれがなかなか揃いません。というのも最近のMIDI音源は忠実に各楽器の音を再現しています。だから音の出だしの遅れなども忠実に再現してあります。
そのために音出しの頭では各音符のタイミングよりも微妙に音だしを早くします。この部分はだいぶ改善されてきた我が楽団ですが 残念ながらこと音符の長さとなるとまだまだタイミングが揃っていないようです。

またまたMIDIの話で恐縮ですが MIDIの場合、音符の長さは各音符の長さの6~7割でその音符標準の長さとします。それよりも短かったら “スタッカート” 長ければ “レガート” と使い分けます。
6割にするか7割にするかはその曲の曲想によります。

短ければ弾んだ感じに、長ければちょっとウェット。我が楽団の標準長さはどのくらいがいいでしょうね?

それと、チューニングの甘さも指摘を受けました。特に同じパートでチューニングがずれていると聴いていて不快感があります。でも今回は楽器を暖める時間も無くてぶっつけ本番でしたのでそこんとこはご勘弁をという事で落ち着きました。

演奏会前
8月一日
この日の昼はは譜面台改造のカウベルスタンドを作りましたが 夜の練習の時 “アンパンマンマーチ” が結構忙しくてあまり良く弾けてない部分が多かったので集中練習です。少し速い曲でもあり、一小節の中に一拍ごとにコードが変わります。

お風呂から上がってから “音楽室” に篭り、ダウンロードしたサンプル曲を聴きながら練習します。
そんな中、途中 息子がお風呂に来ました。
息子がお風呂に来たのは分かっていたのですがだんだんと集中して行った私は息子がお風呂から上がったのに気が付かず、練習していると後ろのほうで床の音が “ギシッ” となります。文字通り飛び上がるほどに驚いた私が振り返るとそこには息子。

ひとしきり話した後に息子は “おやすみなさい” と母屋のほうへ帰っていきました。
翌日聞いた話ではそれから後は息子の頭の中を “アンパンマン” が飛び交っていたようです。
あ・それと前日にはパーカッションのGさんから二段のカウベルをお借りしました。


二日
この日もちょっと問題のある曲を重点的におさらい練習です。とくに “レッツスイング” の後半にあるチューバと重なる部分が少し遅れ気味でこれを何とかしないといけません。
ただ、指の動きがまだ良く回復していません。でも、ダウンロードした曲には何とか差し支えのない程度に付いて行けます。
とにかく全部の曲をおさらいしておきました。ただ、ゆったりした曲はあまり回数はやっていません。
これで何とかなるだろう?

当日
昼の部はシティーモールの “出会いの広場” で演奏です。ここは天井も高く、反響が良過ぎるくらいあるので自分の音が聞こえにくく、掴みにくかったのですが何とか間違えてもごまかしながら終わることが出来ました。
後から娘に訊いてもオルガンの音が分からなかったそうです。全体に溶け込んでいたんでしょうね。

“花は咲く” では歌のお二人さんのハーモニーが心地よく、演奏している事を忘れてうっとりです。あぶないあぶない (OoO;

夕方の演奏ではメンバーも少し少なくなったのも有りますが、何といっても反響がまったくありません。そのかわり各楽器の音が一つ一つくっきりと聞こえてきます。自分の音も “何だこれは!” 状態でごまかしの効かない裸状態です。
慌てていると間違えます(ました) そこはそれ、団長さん直伝の必殺技で何とかやり過ごします。

あれだけ練習したのに・・・ ええ、間違えました。特に練習を沢山やった曲ほど間違いが多かったようです。(反省)まだ練習が足りなかったようです。次回からは曲を飲み込むほどに練習しましょう。

今回は娘が初めてバンドの演奏を聴きに着てくれました。“クマモン” が来ないという事でその気になったようです。クマモンファンが多い中、珍しくクマモン嫌いなんですね。あの目つきが怖いといっていました。

昼の演奏が終わってから娘と一緒に “浴衣美人コンテスト” を観賞です。
演奏に関しては反省の多い、また楽しい一日でした。

次は17日

スタンド
今度の8月3日の演奏ではパーカッションパートのSさんが昼の分は良いのですが、夕方の部を退席されるそうです。で、私に回ってきたのが “カウベル” の演奏です。

そろそろ一ヶ月近くなりますが、カウベルは借りっぱなし。練習の度ごとにカウベルスタンドをおそるおそる借ります。そこは、ほら。私はシャイでナイーブですから。これは本人が認めています。

8月3日までなので他のメンバーと楽器が重複するのもなんだか・・・ という事でカウベルは借りたままですがスタンドがですね~、借りるたびに毎回ちょっと気が引けるんですよ。
とは言っても必要なもの。

改めて身の回りを一瞥してみるとずっと前にもらっていた譜面台があるではありませんか!
それもカラオケの歌詞本が置けるほどの譜面台としては頑丈なやつが・・・。

これこれ・・・ 早速改造です。とは言っても一番上に付いていた譜面台を外し、カウベルが取り付けられればそれでOKです。
一番上の譜面台を外すにはねじを2本外すだけでした。早速カウベルの取り付け部にある四角い穴に通してみると・・と・通りません。これはまいった。

そんな時にふと棚のほうを見ると塩ビの棒が目に入りました。「これだったらいいかも」 と試しに通してみるとジャストサイズです。かみさま、ありがとうございます。

早速その塩ビの棒を取り付けたのがこれ

P8010071.jpg ちょっと頼りない感じもしますが8月3日だけ、長持ちしなくてもいいし
叩いてみると一応役目を果たします。

これで気兼ねが半分になります。

もうひとつありました。
キーボートを演奏するときには一応スタンドに乗せて演奏します。これもいいまで手持ちがありませんでした。
今回までは団長さん手持ちのスタンドを借りるように手配していますが、今回やっと自前のスタンドを購入する事が出来ました。とは言っても娘からの誕生日プレゼントだそうです。

いま、ハモンドオルガンを買うためにいろいろ手はずを取っていますがこれを買うと専用のスタンドがあります。これとダブってもしょうがないな・・・ と思っていましたがこうもオルガン購入が遅れては迷惑をかけるのも長曳いてしまうし・・・
悩んでいたところに娘からの嬉しい言葉でした。娘よ、ありがとう。

早く届けば今度の演奏に間に合うかもしれません。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。