日々つれづれ
ジャンルに関わり無く過去にあったことや最近思うことなどを徒然に綴ってみたいと思います。
プロフィール

Nさん

Author:Nさん
熊本県の北のほうに住む♪60歳を越えてしまったNさんといいます。音楽が好きでクラシックギターをやっていましたが、今はハモンドオルガンに凝っています。
同じ趣味をお持ちの方、老若男女を問わずよろしくお願いします



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



FC2カウンター



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



お父さんスイッチ
NHKのEテレで “お父さんスイッチの作り方” という番組があります(ありました?)
子供がお父さんスイッチというものを作って “おとうさん” を自在に?操るのですがなんとも微笑ましく感じたものです。

私も暖かくなり始めた頃からだんだんと体調を崩してしまい、悩んでいたのですが 最近やっと以前の調子を取り戻した感があります。キーボードの練習は勿論 何といっても家の手入れのやる気が出てきました。
私なりの “お父さんスイッチ” が入ったのかもしれません。

オルガンの練習もやりたいのですが 楽団での新しい楽譜にはやった事の無い楽譜が目白押しです。当然 “初見” では “無理” 以前の問題で・・・というか 楽譜の初見は出来なくても “音符の初見” ならできるゾ! とばかりにがんばっています。

音符の初見で音符を繋ぎ、フレーズが見えてくるとうれしいものです。ただ、同じようなフレーズでも前後の音の流れが違うと運指が違ってきて “アレレ?” になってしまいます。こんな時は管楽器がうらやましいですね。いゃ、それなりの苦労があることは分かっていますよ、でもね・・・。

もう一つ苦労するのが フレーズを幾つか掴んだら全体を通します。そのときにフレーズとフレーズがくっつかないのです。これがくっつかないと曲になりません。特に楽譜のページが変わったときに曲想も違うフレーズになるとアタフタしてしまいます。
最近ではだいぶ慣れてはきましたが まだまだですね。

おかしいことに低音部譜表ばかり見ていたら高音部譜表を勘違いするようになりました。コレハイケナイ

黒鍵
久々の更新です、長の放置になりました。

最近楽団で配布された楽譜にフラットが5個もついたものがありました。
以前だったらものすごく敬遠していたのですが 今回はそれほど嫌悪感もありません。

なぜかな?と考えたらいつのまにか嬰記号や変記号に対する考え方が変わってきているようです。
今までは 例えば “ソ” の音にフラットがついていたら先ずソの音を考え、それを半音下げるように二段階で考えていましたが最近は “♭ソ” と一段階で考える事が出来るようになりました。

それも “ソ” の左側に在る黒鍵・・という認識です。おかげで調号にフラットが五個もついていてもそこの所は左側の黒鍵を弾けばいいのだという。シャープだったら右側ですね。
おかげでだいぶ楽になりました。

あと難しいのは同じ鍵盤の早めの連打です。これはもう訓練 (リハビリ) しかありません。

一月ほど前にトラブっているのは借りているギターアンプです。合同練習に持っていったときに壊れた?
と思ったので (音が出なくなりました) 修理しようと再度テストをしたらちゃんと音が出ます。アレレ?と
思い、次にまた合同練習に持って行ったら暫くはよかったのですが また音が出なくなりました。

オルガン用のアンプは大きくて重たいので次から暫くは特製アンプを持っていくしかなさそうです。
それに こちらのほうが低音もきれいに出ます。