日々つれづれ
ジャンルに関わり無く過去にあったことや最近思うことなどを徒然に綴ってみたいと思います。
プロフィール

Nさん

Author:Nさん
熊本県の北のほうに住む♪60歳を越えてしまったNさんといいます。音楽が好きでクラシックギターをやっていましたが、今はハモンドオルガンに凝っています。
同じ趣味をお持ちの方、老若男女を問わずよろしくお願いします



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



FC2カウンター



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



演奏会
昨日の日曜日、荒尾のとある施設で訪問演奏をしました。
前々日まで雨が降っていたので当日の天気が気がかりでしたが結構よい天気に恵まれ朝から一安心。
なにせ借りているギターアンプがベースの音を出すとすぐにハングアップしてしまいます。

代わりに持っているレスリーアンプを持っていくことにしていたのですがこれが大きくて重たいのです。
ギックリ腰の病み上がりの私には結構荷が勝ちすぎます。
でも、以前は毎週練習のときはこれを運んでいたんですけどね
会場に着いたら力のありそうな若い衆に手伝ってもらい、一緒に運んでもらいました。ありがとう!

やっぱりオルガン用のアンプは低音も延び、しっかりとした音が出て安心です。
演奏のほうはというと いざ始まってから楽譜を見ると昨日まで練習してきた楽譜とは違うもののように見えます。やっぱり迷子になりました。でも練習のおかげ?で途中からまた演奏に戻る事が出来ました。

ただ、ベースの音になると中央ハから一オクターブ以上低い音になるとよほど注意して聞かない限り音程が良く判りません。必殺技を一つ見つけました。迷子になったときは迷子から復帰するまでリズムを崩さないようにその “音程のよく分からない音” を出します。何とか演奏の “場つなぎ” もできたようです (本人の思い込み?)

 家で練習するときはオルガンを使っています。すると鍵盤のタッチがかなり違います。本番で使う
キーボードは異様に軽いのです。音の出るタイミング (打鍵深さ) も違うので演奏途中で “アレレ?” と
思ったが最後 迷子が待っています。
 これからは本番の一週間ほど前からは実際に使うキーボードで練習しましょう

次の演奏は 7/20。 炭坑節とピンクパンサーが追加。

まだまだ音を聴き楽譜を追いかけながら指揮をする団長さんを視界の隅に捕らえるのがやっとの私です。
少しは周りを感じる余裕のできるのはいつの事やら・・・。

久々の練習
昨日は昼過ぎから楽団メンバーのSさんバンドの演奏を聴きに行ってきました
相変わらず素敵な歌声です。ご主人がうらやましいです。演奏のほうも安心して聴くことができます。
近隣でここまで安定感のあるバンドはそんなには無いでしょう。
ただ あまり他のバンドを聴いたことが無いのは事実ですが・・・Hi (^-^;

夕方からは私が属している楽団の合同練習です。ここ2~3ヶ月休みがちだった私にはなんだか新鮮でした。
何がって・・・ 練習そのものもですが、みんなと一緒にいること事体がなんだか新鮮に感じます。

自宅での練習もやっていたのですが皆と合わせてみると自分の足りないところが如実に浮かんできます。
今日からはこの足りない部分を補う練習です。

でも・・・ 問題が出てきました。
今回 以前にやっていた曲をやるようになっていますがそれらの曲が出来なくなっています。それに
前回まではギター譜でコードを見ながら和音で演奏していたのですが今回はベースの楽譜を見ながら
やっています。
以前やっていたので練習をサボっていた曲も初めて見る楽譜です。
ムツカシイですね。

すごい (◎o◎)
いつもはハモンドオルガン ネタばっかりですが今回はパイプオルガンの映像を・・・・。
司会のお姉さんと少々ぶっ飛んだヘァースタイルのお兄さんとでパイプオルガンを紹介しています。
ちょっと絵がはみ出します。

パイプオルガンの内部紹介と後ろのほうで演奏です。特に足での演奏には頭が下がりました。
私の場合、足鍵盤はこうは行きません。やっとこさベースノートを鳴らすくらいです。



あ、ご心配をおかけしましたが身体のほうは何とか回復してきています。今日も整骨院へ行ったら今までと違って結構荒っぽい治療でした。先生曰く 「やっとこれだけ力を入れることが出来るところまで回復してきました」 とのことで整骨院通いはまだまだ続きそうです。

楽団の合同練習へ参加できなかったことが続いてしまったので明日の練習には参加しなくっちゃ

こ、腰が!
今週の月曜日、プロパンガスの小さなボンベを何気なく持ち上げました。
持った感触からタブン30㎏近くはあったかな?のものでちょこっと持ち上げるには支障はありませんでした。

翌日の朝 なんだか腰の具合が変です。ひょっとして寝違えたかな? 位の感覚です。

昼頃になるとなんだか腰が痛い! アレレ? と思っているうちに段々のその痛みが酷くなってきます。
半端無く痛み始めた3時過ぎに慌てて整骨院へ急行です。
この頃にはちょっとだけでも重たいと ものを持ち上げられなくなっていました。
これでよくなるだろう という考えは甘かったようです。

翌日、火曜日になると 朝からは良いのですが暫く時間が経つとまた一段と痛みが強くなっています。
どうも椅子にしろ畳にしろ座っているとあまりよくない様子。立つ時に激痛が走ります。整骨院へ直行。

その日も立ったり座ったりするときに激痛が走りましたが気分的に?身体は少し動くようになりました。
ただ激痛が走るときは顔からサーッと血の気が引いていくのが分かります。
文字通り箸と茶碗より重たいものは敬遠したい思いです。

水曜日。
前日と大体同じ状態でしたが激痛が走るときに痛みの範囲が少し狭くなってきているようです。

今日。
治療内容が少し変わりました。今までは低周波と高周波の電気治療の後 あちこちの筋肉をほぐしてもらっていたのですが 今日は痛みの激しいところを重点的にマッサージ治療してもらいました。
治療の最中に “コキッ” と音のするときが有ったので勝手になんだか安心しました。

まだまだ座っていてから立つときに激痛が走りますが昨日ほどでは有りません。
顔から血の気が引くこともなくなりました。

もう一息。誰かが “歳だから” みたいな事を言っていましたが なんのまだまだっ

今までに物を抱えてその場でギックリ腰になったことが何度かはありますが 当日分からずに後になって症状が出てきたのは今回が初めてです。整骨院の先生と話をしてみるとよくあることだそうです。
若い頃に私の友人数人とゴロゴロしながら話をしているときに一人の友人がが寝返りを打ったら途端にしかめっ面になり顔が蒼ざめて来ました。話をするとどうやら寝返りを打った瞬間にギックリ腰になったようです。

皆さんもご用心。