FC2ブログ
日々つれづれ
ジャンルに関わり無く過去にあったことや最近思うことなどを徒然に綴ってみたいと思います。
プロフィール

Nさん

Author:Nさん
熊本県の北のほうに住む♪いつの間にか70歳を越えてしまったTry-Nさんといいます。音楽が好きでクラシックギターをやっていましたが、今はハモンドオルガンに凝っています。
昔やってたアマチュア無線もやってみようかな・・ナンテ。

同じ趣味をお持ちの方、老若男女を問わずよろしくお願いします



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



FC2カウンター



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



無線機の便利機能
今週の運勢
今週の運勢0930

最近全力出し切ったこと、無いな~・・・。

最近の無線機にはいろいろ便利な機能が付いているようですね
スペクトラムスコープ・・・ バンドスコープと呼んでいるようですがあれはれっきとしたスペクトラムアナライザーですね。昔は単体の測定機として販売してありました。
とても高価だったのを覚えています。

本来の高精度の測定器とまでは行かないでしょうがかなり便利な機能だと思います。

昔だったら一QSOが終わったらQSOしていた周波数を中心に少しだけスキャンして(手動で)少しはなれたところで呼んでくる局が無いかどうかをチェックしていたのですが今では文字通り一目瞭然です。

ただ考えるに、もう無線機としては完成してしまっていて何か特別な機能をつけないと新しさがなくなってしまっているようですね。新製品を開発するたびにメーカーの方はさぞ頭を悩ませていることでしょう。
更にそんな高級な機能をつけたために価格がとてつもない金額になっています。私には猫に小判の機能です。


便利に使っている機能といえば電信のときのブレィクインシステム。これは便利です。
なにせキーを降ろすたびに勝手に送受信が切り替わってくれるのですから。

ご存知でしょうがブレィクインシステムには使いようでフルブレィクインとセミブレィクインとが有ります。
長点/短点 を入力するたびに切り替えてくれるのがフルブレィクイン。受信に切り替わるときに少しだけタイミングを持たせたのがセミブレィクインですね。

端的に言って私はフルブレィクインは好きでは有りません。
送信しているときに受信ノイズが聞こえたり、まるで送信している間中送受切り替え用リレーの寿命テストをやっているように思えて仕方がないのです。

セミブレィクインだったら調整次第で1語毎に切り替わってくれます。
本当は送受信とも どうぞの意味の “k” を確認してから送受信を切り替えたいのですが今時のタイミングでは間に合わなかったりしますのでセミブレィクインを使っています。

今時のリレーは寿命が長くなっているのでしょうね。

台風
今週の運勢
今週の運勢0923

今以上に早起きしたくない・・・。


台風が来ました。
先月九州に被害をもたらした台風程度に考えていたのですが今回の台風は異様に強かったですね。

ゴーッ と風の音が聞こえ始めると グワー と地響きがします
風速が 10m/秒だったら 10x60x60/1000=36(km/H) 時速36kに相当します
風速 30m/秒だったらそれの3倍、時速108km相当になります

老齢の我が家はどうなることかと心配していたのですが ま、何とか切り抜けることが出来ました。
蜜蜂さんも健在です。ただ、屋根瓦のずれたところがあって今日はそれの修理です。

先日作った50M用のアンテナ、中心部にある同軸を通すパイプに塩ビのパイプを使っていたので折れたら大変、前日から降ろしていたので被害は無しです。

ここ数日モールスの練習をサボっていました
改めて練習してみるとやっぱり聞き取り速度が落ちています
日々研鑽ですね。

今は欧文の練習もしていますが困ったことに欧文を聞いているのに途中からそんなつもりではないのに和文を聞いている感覚に陥り変な文字の羅列になってしまいます。これを克服するのも練習でしょうか。


蜜蜂
昨日の続きです

蜜蜂の巣箱が手狭になったので2階部分を追加したのです、でもこれは作って間もないものでまだ木のにおいがプンプンしているものでした。
ちょっとまずいかな~・・・?とは思ったのですが追加できるチャンスはそうそう無く、えいやっと継ぎ足したのです。
とは言っても重ねるだけですが。

翌日の朝 裏の柿の木の周りをぶんぶんと飛び回るかなりというか相当な数の蜜蜂の集団が居ました。
こんな飛び方をするのは珍しいな?? と思っていたのですが昼前にはもう飛んでいないし・・・巣箱を見ると蜂の姿が見えません。
えっ?と思い周りを見渡すと柿の木の枝が一部異様な形になっているのに気が付きました。

下の写真です。ツブツブに見えるのは全部蜜蜂です。

ミツバチ団子

下のほうから撮ったので大きさがちょっと分かりにくいですが長手方向は60cmほど有るでしょうか
厚みはざっと20cm 垂れ下がり具合は30cmほど。蜂の塊です。千匹以上は居るでしょう

慌てて蜂をいただいた方に問い合わせると 「水をかけると飛ばなくなるから水をかけて巣箱に戻しなさい」
とのことでした。

アイロン掛け用のスプレーに水を入れ早速蜂の塊にシュッシュッ。これくらいでいいだろうというところで奥さんと二人掛かりで蜂の塊の直ぐ下に大きなビニール袋を構えていよいよ覚悟を決めます。

大き目の刷毛で蜂の塊をなでおろします。
ザーッという音とともに蜜蜂が袋の中に入りました。この作業を数回やったところで新しく作った巣箱にザーッと移し込みます。後はいいかな?と言う事で一回目の作業は終わったのですが 水を掛けると飛ばなくなるなんて・・・もう信じません。

最初にザーッとやった途端蜜蜂はぶんぶんと飛び回ります。いつ刺されるのだろうと恐怖のひと時でした。
でも身体にぽつぽつとぶつかってくる割には一度も刺されず、安堵の胸をなでおろします。
これでこの巣箱に住み着いてくれるのかな?と思い一晩が過ぎました。

次の日の朝、外に出てみると巣箱は空っぽ。空を見上げると2軒ほど先にある空き家の上にアドバルーンのようなサイズで飛び回る蜜蜂を発見。
二時間ほどしたら落ち着いたらしくバルーンは見えなくなっていましたので恐る恐るその家に近づいてみます。
私では分からなかったのですが奥さんが再度チェックに行ったら発見しました。
柿の木のときよりも低い軒先でまた蜜蜂が団子状態になっています。

今度は暗くなったらおとなしくなるかなと思い、再度ビニールの袋と刷毛、それに脚立、噴霧器を持って捕獲に赴きます。
今回はちゃんと麦藁帽子とネットをかぶり作業をやったのですがやっぱりあまり気持ちの良いものではありません。

今回も新しい巣箱にザーッと移し変えます。だけど結果は前回と同じでした。それと右足の太ももを刺されたようで特に腫れはしなかったのですが痛痒く、赤くなりました。
まぁそうでしょうねぇ。私のいでたちはランニングTシャツに下はショートパンツでしたから。

で・・・結果は前回と同じ。がっくりです。
昨日の場所を見てみるとまた同じ場所に団子を作っています。

掛ける水の量が少ないのかと蜜蜂を戴いた方に問い合わせると 「団子になっているならば特に水は要らない」
との事。じゃぁあの蜜蜂を取り込むときの蜂の騒ぎはデフォルトなのか?!
それに団子の下に巣箱を持って行って直接落とし込めばいいよとの事でした。

蜂の騒ぎは昼も夜も変わらないのなら今度は蜜蜂が新天地を 見つけ出す前に捕獲しようと言う事で午後一で決行です。で 考えたのが古い巣箱に新しい木の匂いプンプンの部分を追加したらこうなったのだからあれを外そう!!と話がまとまり3度目の決行です。

蜜蜂団子の真下に巣箱を構えて刷毛で蜜蜂を掃き落とします。
今回は長袖のシャツと長ズボンで挑みました。それと帽子に防虫ネット。

半分以上の蜜蜂を巣箱の中に落としこむとサッと蓋をして持ち帰ります。適当に切り上げないと飛び立ってしまいます。そんなときでも蜜蜂は容赦なく襲って?きます。せっかくネットを被っているのにネットの中にまで入ってきます
首筋などに留まられるとあまりいい気持ちじゃないですね。

と言う事で捕獲作業を終了し、巣箱を元有った場所に設置。暫く様子を見ていたらだんだんと落ち着いてきた様子です。問題は翌日の朝でしょうね。
と言う事で翌日のことです。朝から様子を見てみると前回ほどではないのですが多少の数の蜜蜂がアドバルーン状態になっています。
これはまた・・・ と思いながらもまだ巣箱のほうには蜜蜂がいたので静観する事にしました。
どうやら今回は女王蜂ともども捕獲することができたようでなんとか定住してくれるようです。

最後の捕獲から今日で3日目 ホッとしているところです。


採蜜
月曜日の “たなくじ” 見過ごしてしまいました、今週はたなくじ無しです。

先週後半と今週の月曜日までは何かとばたばたしていました、その中の一つに蜂蜜の採集があります。
もうそろそろ蜜も集まったのかなと巣箱の蓋を開けてみるとご覧のとおり、たくさんの蜜が集まっていました。

ミツバチの巣箱 ← クリックで大きくなります

携帯で撮影しましたので画像が良くありませんが様子は判るかと思います。
上の口のところのあめ色のものが蜜蜂の巣に集められた蜂蜜の様子です。
巣箱の下の方には蜜蜂がたくさん集まっています、蜜蜂は少々のことをやっても刺しに来ないんですね。

下の写真は巣箱から取り出した蜜蜂の巣、これに沢山の蜜が詰まっています。
これでも全体の1/2強程度です。残りはミツバチの越冬用食料として残します。

ミツバチの巣と蜂蜜 ← クリックで大きくなります

我が家の蜜蜂は “正統派日本蜜蜂” 今ではあまり居ないらしいですね。道の駅などで売っているものはほとんどが西洋ミツバチの蜂蜜らしいです。

で、蜜蜂の人口?も増えたので巣箱を一段増設しましたが これがちょっとまずかったようで・・・・

それの顛末は次回に・・・。


オンエア
今週の運勢
今週の運勢0909

たぬしいことって・・なんだろうな?

50Mのアンテナが出来てから毎日チョコッとワッチしていたのですが先日Eスポが発生していました。
なんとかSSBにて交信成立です。自作アンテナも捨てたものじゃないようです。

ついついカード交換まで約束してしまいましたのでカードも作らなくてはいけません。
なかなかデザインも決まらずにいたので○○出版社発売の標準カードにプリンターで必要事項を印刷して発送することになりそうです。

それと、ナンチャッテアンテナですが7Mと10Mで3局ほど交信することができました
ただ一生懸命練習した和文モールスでの交信がまだです。

まだまだ週に1局ほどですが焦らずにじっくりと楽しんで行きましょう。


台風15号・・・結構被害が出ているようですね。
私の従兄弟が千葉に住んでいるのですがこの従兄弟、住んでいる家の前に消防車が来ても目が覚めなかったほどのつわのものですが今回の台風では恐怖を感じて目が覚めたと言っていました。

うん、想像に難くないです。


パイルアップ
昨夜7メガと10メガを受信してみたらあちこちでパイルアップの状況が確認できました。
むかしパイルアップの説明を読んだことがあります。そのときの記憶ではテーブルの上のパイに蟻が群がっている様子を表した言葉だと覚えていたのですが果たしてそうだろうか?の疑問が湧いてきたのでちょっと調べてみましたらなんと大違い。

本当は以下のような事だそうです。

pile up
《【他】+【副】》
(1) 〈…を〉積み重ねる
Plates and dishes were piled (up) on the table. いろいろな皿がテーブルの上に積み重ねられていた.
(2) 〈もの・金などを〉蓄積する, ためる
pile up money 金をためる, 貯金する.
《【自】+【副】》
(3) 積み重なる, 積もる
with work piling up 仕事が山積して.
The clouds were piling up. 雲が積み重なっていた.
Debts piled up. 借金がかさんだ.
(4) 〈自動車が〉多重[玉突き]衝突する.
語源
ラテン語「柱」の意

New College English-Japanese Dictionary, 6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998

つまり、たくさんの局が折り重なるようにして一つの局を呼んでいる様子のことを指すんですね。
人様に変な説明をしないうちに調べてよかったです。


電鍵の構造
電鍵の構造・・・とか言ってもたいしたことはないのですが
練習電鍵

この電鍵の右下についている丸いもの。ツマミですが、この下に少し大きな丸い板(ツバ)が付いています。
これは何のために付いているのかが謎?でした。

思い切って電鍵のメーカーさんに問い合わせてみたら次のような回答をいただきました。

**** 様

お問い合わせの件

ツバの目的は その昔 キーは 真空管式送信機に接続しました
その為に かなりの高圧 がキーのレバー(コウカン)にかかっていました
その感電防止のため のツバです
最近は その必要は 無くなったのですが
デザイン上の理由で つけている モデルもあります

ツマミの正統的な 握り方は 弊社HPの動画をご覧下さい。

ーーーー だそうです。
おかげさまでなんだか息がしやすくなった気がします。
アンテナ関係
昨日の夕方から二週間ぶりにやっと晴れ間が覗きだし今日は久しぶりの良い天気です。

先日から遣り残していたアンテナの仕上げをしました。
ポール(物干し竿)にくくりつけていた部分をちゃんとしっかり締め上げます。
それと給電線を垂らしたままだったので給電部に同軸電線の加重が掛かったまま。

これではいつかは接続部に電線の荷重が掛かってしまい切れてしまいますので上のほうで一旦加重受けを作ります。とは言っても少したるみを持たせるだけですが・・・。プロの方は一回ループを作っておられるようですね。
私はそこまで凝った事はしません。

写真は給電部です。中心の黒い部分(ビニールテープ)から右が下のエレメント。左が上のエレメントになります。
ここには同軸ケーブルの切断面が直接来ていますので防水のためにペットボトルのキャップの中心に同軸の芯線が通るくらいの穴を開けて芯線を通し、テープで固定しています。

給電部 ← クリックで大きくなります。

次の写真は先日言っていた同軸ケーブルを継ぎ足した部分の写真です。
あまり見栄えはしないのですが役目を果たしてくれればそれで良しとしましょう。

同軸継ぎ目 ← クリックで大きくなります

改めて特製を測ってみたら下のほうは50.1MHz くらいから上のほうは51.3MHz 位まで使えそうです。
このアンテナ、結構バンド幅が広いんですね。エレメントに太目のパイプを使ったせいも有るのかも??


ぺっと?
今週の運勢
今週の運勢0902

小説なんてここ何十年も読んだ事ないですね~??
昔は短編SFなどを読んでいたのですが・・・・まず、本屋さんに行かなくっちゃ

7月の半頃我が娘が “もらったー” と言って見せてくれたもの。
なんだか中くらいの木箱を見せてくれました。結構日焼けして黒くなった箱です。

よくみると黒っぽい点々が・・・。ミツバチです。
早速我が家の庭の中にある小屋に設置しました。

秋が来ると巣別れの時期を迎えるので新しい巣箱を作ることにしました。

久々の日曜大工。材料の板はDIYのお店で寸法どおりに切ってもらい、細かいところは我が家で加工。
いよいよ組み立てますが釘を打つときに曲がってはいけないので上になる板には釘の太さよりも少し細いドリルで先穴を開けておきます。

合わせ面には接着剤を塗っていよいよ釘打ち。

釘を調子よくよくハンマーで叩いていたら右手の親指にヒット(私は左利きなので)痛いのナンノッて・・・
結構な出血でしたがよくぞマァ骨を叩かなかったな~


その前には巣箱の構造をチェックするために上蓋をいじっていたら一匹腕にとまったんです。
もぞもぞしていたから何をしているのだろう?とみていたら、いきなり針で刺したような激痛が
はい、刺されました。

実はこれが二回目です。