日々つれづれ
ジャンルに関わり無く過去にあったことや最近思うことなどを徒然に綴ってみたいと思います。
プロフィール

Nさん

Author:Nさん
熊本県の北のほうに住む♪60歳を越えてしまったNさんといいます。音楽が好きでクラシックギターをやっていましたが、今はハモンドオルガンに凝っています。
同じ趣味をお持ちの方、老若男女を問わずよろしくお願いします



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



FC2カウンター



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンプの改造
今使っている音源はハモンドオルガンの音源です。これの出力をレスリーアンプというアンプに接続して鳴らしているわけですが、音源の構造でハーモニック関係にある音をドローバーという9本のスライドスイッチで音量を合成して音を作ります。

すべてのドローバーを引っ張り出した音にすると俗に “フルオルガン” という音になります。結構派手なパイプオルガンのような音になります。

ただ、この音は使い方を間違えると少々場違いな音になってしまいます。(ハーモニカみたい?)
私の好きな音はドローバーを数本しか使わない音です。そこで問題が発生します。

使用するドローバーの本数が少ないとそれに比して音量も小さくなってしまいます。
楽団で使う音はいつも “フルオルガン”、 そうしないと (好きな音にすると) ブラスの音に負けてしまいます。音量競争でもないのですが せめて周囲の音量には合わせたいものです。

使っているレスリーアンプは出力は70w、我が家で聴くと結構な音量なんですけどね~!
少ないドローバーで音を出すとどうやらまだまだアンプのほうに余力があるような鳴り方をします。

そこでレスリーアンプとハモンドオルガン音源の間に “プリアンプ” なるものを入れることにしました。
これがあると音源の出力を大きくしてアンプを鳴らす事が出来ます。

昨日は休み休み・・ ながら一日近く掛けてプリアンプの製作です。

結果
確かに使用するドローバーの本数が少ないときの音は大きくなりました。
でも、でも・でも・・ 最大出力時の音量は変わらない様子。・・・・・・・
やっぱり200wくらいのアンプが必要なのかも。

何のための一日だったんでしょう。
でも、好きな音が大きく出せるようになった事は・・ ウん、これでよし!


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nandemotsurezure.blog95.fc2.com/tb.php/419-810a0ae7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【アンプの改造】

今使っている音源はハモンドオルガンの音源です。これの出力をレスリーアンプというアンプに接続して鳴らしているわけですが、音源の構造でハーモニック関係にある音をドローバーという9本のスライドスイッチで音量を合成して音を作ります。すべてのドローバーを引っ張り...
[2012/06/23 23:11] まとめwoネタ速neo



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。