日々つれづれ
ジャンルに関わり無く過去にあったことや最近思うことなどを徒然に綴ってみたいと思います。
プロフィール

Nさん

Author:Nさん
熊本県の北のほうに住む♪60歳を越えてしまったNさんといいます。音楽が好きでクラシックギターをやっていましたが、今はハモンドオルガンに凝っています。
同じ趣味をお持ちの方、老若男女を問わずよろしくお願いします



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



FC2カウンター



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



バックミラーの交換


写真のバックミラーを交換しました。 勿論バイクのです。
乗るたびになんだか位置が変わっていて・・・、それも走っているうちに角度が変わるのです。

あるとき、少し路面が荒れ気味のところを走ったら如実にぐるっと回ってしまいました。
慌てて手で押してやるのですが走りながらこれをやると とても怖いですね。

原因はバックミラーの取り付け部 (写真の根っこの部分) がミラーがぶつかった時に動くように
なっているのですが、その部分が緩くなっていました。

どうやら息子が “立ちゴケ” した時に痛めていたようです。交換した旨を電話で話すと
“やっぱりそぅ? 気にはなっていた” 分かっていたらさっさと修理しとけ! テナ話ですが。

私もやったことが有ります。 家に帰り着いて安心してバイクから降りようとしたらいつも以上に
バイクが傾いてきます。しっかりと踏ん張ったのですがとうとう倒してしまいました。

よく見るとスタンドが出ていません。安心して、気が抜けてスタンドは出したつもりに
なっていたんでしょうね。それ以来ありません。 キッパリ

とりあえず安心して乗れるようになりました。

で、神様の話の続きです。


神様の続きですが、まずレポートの書き方を踏襲して結論から書きましょう。

私が言うところの神様とは “宇宙” を含めて私たちが住んでいる世界全体を創造した “創造主” を指します。
簡単ですね。大事なことは、私たちは創造主の胎内に生かされているということです。
ひょっとしたら我々は神様の胎内にいる“寄生虫”あるいはそれに近いものかもしれません。
(これに関しては別な結論もあります)

神の胎内に居るのだから“神”を観ようとどう足掻いても観ることはできません。
神の胎内から出ないと見えないわけです。
ただ、神の胎内から出る事がどういう事を意味するのかは解かりません。
でも、神の (胎内) 世界に生きている者がその環境から出て行ったらどうなるか?なんとなく分かる気もします。

神の胎内だから世の中の現象は全て神の意志のままに動いています。
私たちの体の中に血液が循環しているように神の胎内に循環しているものがあります。
それは“エネルギー”だといっている方がいらっしゃいました。
そのエネルギーが神を構成している。し、エネルギーには流れがあります。

船も海の流れに沿って航行すれば無理なく航行できますが、流れに逆らうとかなり無理な航行をすることになります。

神の胎内に居る私たちが神の意思に逆らったことをして神様が腹痛でも起こしたら大変です。
天変地異が起こります。 神様がのた打ち回る? のです。
病気の原因は取り除かれます。人が神の流れ(意思)に沿って生きるとはどういうことなのか・・・。
そこのところに“宗教”が絡んでくるのですが 宗教に関してここでは必要最小限とし、あまり近づかないことにします。怖いです。



コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nandemotsurezure.blog95.fc2.com/tb.php/649-bb4c4274
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)